舞台「銀二貫」大阪天満宮で成功祈願
2017.3.17 12:00

作家・髙田郁の人気時代小説『銀二貫』が、「大阪松竹座」新築開場二十周年記念公演として、6月1日~11日に「大阪松竹座」(大阪市中央区)で上演される。3月16日に、藤山扇治郎や桂ざこばなど主な出演者が、「大阪天満宮」で公演の成功祈願を行った。

左から「大阪天満宮」で公演の成功祈願をおこなった洋あおい、赤井英和、桂ざこば、藤山扇治郎、曽我廼家文童ら(16日、大阪天満宮)
左から「大阪天満宮」で公演の成功祈願をおこなった洋あおい、赤井英和、桂ざこば、藤山扇治郎、曽我廼家文童ら(16日、大阪天満宮)画像一覧

『銀二貫』は、武士の子息ながら大坂・天満の寒天問屋の丁稚となった松吉が、周囲の町人たちに助けられながら、商人として大成していく姿を描いた人情喜劇。物語の中で、「大阪天満宮」への寄進の話が重要なキーとなる関係もあり、天満宮での成功祈願が実現した。

松吉を演じる扇治郎は終了後「原作は、愛情や友情や人情がすべて詰まった素晴らしい小説。面白いことをして笑うというより、一生懸命やっていることが、端から見たら笑えたりホロッとするような喜劇になると思います」と意気込みを語った。

舞台『銀二貫』の出演者らが「大阪天満宮」で公演の成功祈願をおこなった。左から、宮嶋麻衣、赤井英和、桂ざこば、藤山扇治郎、曽我廼家文童、洋あおい(16日、大阪天満宮)
舞台『銀二貫』の出演者らが「大阪天満宮」で公演の成功祈願をおこなった。左から、宮嶋麻衣、赤井英和、桂ざこば、藤山扇治郎、曽我廼家文童、洋あおい(16日、大阪天満宮)画像一覧

扇治郎とざこばのほかには、味のある大阪人を数多く演じてきた赤井英和、『ごちそうさん』の民子役を始めNHK大阪制作ドラマの常連である宮嶋麻衣、関西ジャニーズJr.の室龍太、藤原丈一郎、大橋和也、朝田淳弥など、様々なジャンルから関西の才能が集まる。チケットは1等席10000円、2等席6000円、発売の詳細は公式サイトにて後日発表。

取材・文・写真/吉永美和子

『銀二貫』

原作:髙田郁(幻冬舎時代小説文庫刊)
脚本:滋井津宇
演出:鍛治明彦
出演:藤山扇治郎、赤井英和、室龍太(関西ジャニーズJr.)、藤原丈一郎 (関西ジャニーズJr.)、大橋和也 (関西ジャニーズJr.)、朝田淳弥(関西ジャニーズJr.)、洋あおい 、宮嶋麻衣、曽我廼家文童、桂ざこば

日程:2017年6月1日(木)~11日(日)・11:00〜/16:00〜
会場:大阪松竹座(大阪市中央区道頓堀1-9-19)
料金:1等席10000円、2等席6000円
電話:06-6214-2211
URL:http://www.shochiku.co.jp/play/shochikuza/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ