神木隆之介のキャリアに大友監督も脱帽

2017.2.28 22:00

主演映画『3月のライオン』の舞台挨拶に登場した神木隆之介(28日・大阪市内)

(写真3枚)

『手塚治虫文化賞マンガ大賞』ほか、多数の受賞歴をほこる羽海野チカの大人気コミックを実写映画化した『3月のライオン』。その試写会が大阪市内で28日におこなわれ、神木隆之介、清原果耶、大友啓史監督が登壇。舞台挨拶をおこなった。

中学生でプロ棋士としてデビューし、戦うことでしか生きれなかった少年・桐山零を演じるのは、わずか2歳で芸能界入りし、数々の映画・ドラマに出演してきた神木隆之介。「僕も小学校のとき、親から『あなたはもう、ひとりの役者として現場に立て』と。『できるというのは当たり前のことだから』ということを自覚しろとずっと言われてきて。(桐山とは)共通してるわけではないですけど、共有できるところももいっぱいあるかなと思って、役作りはさせてもらいました」と語った神木。

『るろうに剣心』『ミュージアム』など話題作を手掛けてきた大友啓史監督(28日・大阪市内)
『るろうに剣心』『ミュージアム』など話題作を手掛けてきた大友啓史監督(28日・大阪市内)

大友監督は、「俳優と役が重なる瞬間があるんです。どこが重なったか、後から考えても分からないんだけど、もしかしたらとんでもないものが生まれちゃう、演じる以上のなにかが映像に残っちゃう可能性もあるんですね。今回は、神木くんと桐山がずばずば重なって。(神木が出演した)映画『るろうに剣心』から、次になにをいこうかなって考えてたときに、見事に重なっていった」と、主人公・桐山を神木に託した理由を語った。

大河ドラマやジブリアニメ、そして、空前のヒットを記録した映画『君の名は。』では主人公の声を担当した神木。その分厚いキャリアについて大友監督は、「僕は初めてご一緒する役者さんが多かったんだけど、(神木は)ほとんど共演している。キャリアがすごいんだよ。俺の半分しか生きてないくせに(笑)」と語り、神木は「豊川悦司さんは『妖怪大戦争』で。あと、伊藤英明さんや加瀬亮さん、染谷将太もそうですし。有村(架純)さんも共演してます。伊藤さんは僕、ヒデ兄と呼ばせていただいて。健康オタクなんですよ。なにを食べると筋肉のどこが、どうだとか(笑)」と暴露、会場を湧かせた。映画は前編が3月18日から公開される。

映画『3月のライオン』[前編]

前編:2017年3月18日(土)、後編:4月22日(土)公開
監督:大友啓史
出演:神木隆之介、有村架純、倉科カナ、染谷将太、清原果耶、ほか
配給:東宝=アスミック・エース
TOHOシネマズ梅田ほかで上映
© 2017映画「3月のライオン」製作委員会

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本