出版界で活躍の6人がトーク、大阪と京都で
2017.2.28 7:00

佐賀県と長崎県の2つの県が手を組んで制作するという、全国でも珍しいフリーマガジン『SとN』が3月に誕生。発刊を記念して、制作スタッフが揃いトークを繰り広げるイベントが「スタンダードブックストア」(大阪市中央区)と「丸善 京都本店」(京都市中京区)で開催される。

『SとN』表紙イメージ(現在制作中)、2017年3月15日刊行、B5判変型、144P・オールカラー
『SとN』表紙イメージ(現在制作中)、2017年3月15日刊行、B5判変型、144P・オールカラー画像一覧

 

県境を意識せず、観光中心地だけに特化することもなく、広い視点で街とひとびとの暮らしを掘り下げていくことが使命という『SとN』。第1号では、日本最西端のローカル線・松浦鉄道を取り上げている。トークイベントの出演は、ライターで『あんこの本』『京都の中華』の著者・姜尚美、『酒とつまみ』創刊編集長のエッセイスト・大竹聡、『雲のうえ』『ku:nel(クウネル)』のアートディレクションのほか装幀家としても知られる有山達也、写真家・長野陽一、齋藤圭吾、編集者・つるやももこという出版界の第一線で活躍する6人。

『SとN』、現在制作中の誌面より
『SとN』、現在制作中の誌面より画像一覧

「制作の舞台裏や、松浦鉄道沿線の街とひとの魅力のほか、写真や言葉、デザインなどそれぞれの立場から、今の時代に「紙で表現すること」について語ります」と編集者のつるやももこさん。当日は完成したばかりのフリーマガジンを来場者にプレゼントするほか、ご当地の人気日本酒のふるまいも。雑誌の世界で活躍するクリエイターの熱いトークとおいしいお酒に酔いしれたい。

トーク『SとN』という本ができるまで。写真と言葉とデザインの話。

◎大阪
日時:2017年3月17日(金)・19:30(開場19:00)
会場:スタンダードブックストア 心斎橋BFカフェ(大阪市中央区西心斎橋2-2-12)
料金:500円(1ドリンク付き)
電話:06-6484-2239(スタンダードブックストア心斎橋)

URL:http://www.standardbookstore.com/

◎京都
日時: 2017年3月18日(土)・19:00(開場18:30)
会場:丸善 京都本店 B2丸善カフェ(京都市中京区河原町通三条下ル山崎町251 京都BAL B2)
料金:1,000円(1ドリンク付き)
電話:075-253-1599(丸善 京都本店)

URL:https://honto.jp/store/news_1570144_081.html

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ