天王寺動物園、ラニー博子に特大ケーキ
2017.2.14 15:00

動物たちに野菜や果物を贈るバレンタインイベントが2月11日・12日、「天王寺動物園」(大阪市天王寺)で開催された。野菜のケーキやハート型にカットされた果物をおいしそうにほおばる動物たちに、来園者も思わず「かわいい!」とハートを熱くしたようだ。

鼻先を丸めて上手に特大ケーキを食べるラニー博子(推定年齢47歳)
鼻先を丸めて上手に特大ケーキを食べるラニー博子(推定年齢47歳)画像一覧

時折雪が降りながらも、晴れ間が広がったこの日は初めてバレンタインイベントに参加するアジアゾウのラニー博子に注目が集まった。1970年に来園して以来47年、この園で過ごしてきた博子は、大阪の人たちにとって何世代にも渡って親しまれている存在だ。飼育員のなかには幼稚園や学校の遠足で何度も博子を目にし、今、スタッフとして活躍する人も。バレンタインプレゼントは博子の大好きな野菜や果物で作った特大ケーキ。鼻先を丸めて器用に食べる姿に、来園者たちは「上手に鼻を動かして食べるねんなあ」と感心している様子だった。

ハート形のリンゴをプレゼントされ、うれしそうにほおばるレッサーパンダ(大阪・天王寺動物園)
ハート形のリンゴをプレゼントされ、うれしそうにほおばるレッサーパンダ(大阪・天王寺動物園)画像一覧

また、ハートにカットしたリンゴをプレゼントされたレッサーパンダの「メル」と「シュウナ」にも多くの人が押し寄せた。飼育員がいろいろなところにリンゴを置くもすぐに見つけられなかったり、手が届かなかったりとちょっと助けてあげたくなる光景に、「やばい! めっちゃ可愛い、頑張って!」という声援も。同園では今後も、来園者たちに楽しんでもらえるさまざまなイベントを開催していく予定だという。

取材・文・写真/岡田由佳子

「天王寺動物園」

住所:大阪市天王寺区茶臼山町1-108
営業:9:30〜17:00(入園は16:00まで)
料金:500円、小・中学生200円、未就学児無料
電話:06-6771-8401
URL:http://www.jazga.or.jp/tennoji/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ