橋本愛主演の映画、大阪で世界初上映

2017.2.4 12:00

© 2017本田プロモーションBAUS

(写真1枚)

「大阪発。日本全国、そしてアジアへ!」をテーマに、3月3日に開幕する『第12回大阪アジアン映画祭』(梅田ブルク7、国際国立美術館、ほか)。そのクロージング作品として、瀬田なつき監督、橋本愛主演の映画『PARKS パークス』が世界で初めて上映される。

監督・脚本を手がけた瀬田なつきは、初メジャー監督作品『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』(2011年)で高い評価を受けた新世代の旗手。彼女の最新作となる『PARKS パークス』は、主人公・純を演じる橋本愛のほか、『俺物語!!』でヒロインを演じた永野芽郁、『嘘つきみーくん〜』『5windows』(2012年)で監督とコンビを組んだ染谷将太も参加している。

クロージング作品『PARKS パークス』の上映は閉幕日の3月12日。会場は大阪「ABCホール」(大阪市福島区)。上映時間、チケットなどは随時発表される。また、オープニング上映作品には、マレーシアの新潮流監督、ホー・ユーハンの『ミセスK』が予定されている。

『第12回大阪アジアン映画祭』

期間:2017年3月3日(金)〜12日(日)
会場:梅田ブルク7、ABCホール、シネ・リーブル梅田、阪急うめだホール、国際国立美術館

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本