京都・若手展覧会で束芋パフォーマンス
2017.1.27 7:00

どんなジャンルでもそうですが、今後の活躍が期待されるホープの情報は、何をおいても知りたいもの。「京都文化博物館」(京都市中京区)で、1月28日からおこなわれる『京都府新鋭選抜展2017』は、注目の若手アーティストを知る絶好の機会です。

束芋《網の中》 2017年 ©Tabaimo / courtesy of IMO studio/『Kyoto Art for Tomorrowー京都府新鋭選抜展2017ー』@京都文化博物館、1月28日より
束芋《網の中》 2017年 ©Tabaimo / courtesy of IMO studio/『Kyoto Art for Tomorrowー京都府新鋭選抜展2017ー』@京都文化博物館、1月28日より画像一覧

今回、美術関係者から推薦を受け、選抜されたのは、京都を中心に活動する43人の若手アーティスト。絵画、版画、彫刻、陶芸、漆芸など幅広いジャンルから選出されており、彼らの作品を見れば関西美術界の最新動向が一目で分かるでしょう。会期中の2月4日・11日には彼ら作家によるギャラリートークが開催されるので、この日に出かけるのがおすすめです(両日とも13:30〜)。

束芋《網の中》 2017年 ©Tabaimo / courtesy of IMO studio/『Kyoto Art for Tomorrowー京都府新鋭選抜展2017ー』@京都文化博物館、1月28日より
束芋《網の中》 2017年 ©Tabaimo / courtesy of IMO studio/『Kyoto Art for Tomorrowー京都府新鋭選抜展2017ー』@京都文化博物館、1月28日より画像一覧

また、ゲストとして国際的に活躍する現代美術家、束芋が登場。新作「網の中」を、重要文化財の「別館ホール」(旧日本銀行京都支店)で発表します。1月28・29日には、束芋によるオープニング・パフォーマンス「網の外」も予定。こちらもお見逃しなく(両日とも18:30〜、17:00〜整理券配布)。期間は2月12日まで、一般500円。

文/小吹隆文(美術ライター)

『Kyoto Art for Tomorrowー京都府新鋭選抜展2017ー』

期間:2017年1月28日(土)〜2月12日(日) 
時間:10:00〜18:00(金曜〜19:30まで)※入場は閉室30分前まで ※別館ホールの入場時間は、10:00〜19:30 ※月曜休 
会場:京都文化博物館3階展示室、別館ホール(京都市中京区三条高倉)
料金:一般500円、大学生400円、高校生以下無料
※別館ホールは入場無料
電話:075-222-0888
※会期中に関連イベントあり。詳しくは公式サイトにて
URL:http://www.bunpaku.or.jp/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ