ベルギーの熱い90歳、大阪で大回顧展
2017.1.26 12:00

この冬話題の「クラーナハ展」がおこなわれる「国立国際美術館」(大阪市北区)。しかしもうひとつ、要注目の展覧会が1月28日から同時開催されるのを忘れてはいけません。20世紀ベルギーを代表する巨匠ピエール・アレシンスキー(1927〜)の、日本初の大回顧展『おとろえぬ情熱、走る筆。ピエール・アレシンスキー展』です。

ピエール・アレシンスキー《写真に対抗して》 1969年 アクリル絵具、キャンバスで裏打ちした紙 ベルギーINGコレクション © Pierre Alechinsky, 2016/国立国際美術館、1月28日より
ピエール・アレシンスキー《写真に対抗して》 1969年 アクリル絵具、キャンバスで裏打ちした紙 ベルギーINGコレクション © Pierre Alechinsky, 2016/国立国際美術館、1月28日より画像一覧

アレシンスキーは第2次大戦後に、ベルギー、オランダ、デンマークの若い作家たちが結成した芸術グループ「コブラ」に参加して本格的な活動を始めました。コブラのメンバーは既成概念にとらわれず、自由奔放な表現を行いましたが、アレシンスキーが関心を抱いたのは、線、文字、言葉です。日本の禅画や書から大きな影響を受け、前衛書道家の森田子龍と交流、1955年には来日して、書のドキュメント映画を作りました。また、漫画のようなコマ割り構造を導入して、奔放な筆致と重層的な画面を持つ独自の世界へと至りました。

ピエール・アレシンスキー《ボキャブラリー Ⅰ-Ⅷ》1986年 アクリル絵具、キャンバスで裏打ちした紙 作家蔵 © Pierre Alechinsky, 2016/国立国際美術館、1月28日より
ピエール・アレシンスキー《ボキャブラリー Ⅰ-Ⅷ》1986年 アクリル絵具、キャンバスで裏打ちした紙 作家蔵 © Pierre Alechinsky, 2016/国立国際美術館、1月28日より画像一覧

90歳の今も現役のアレシンスキー。初期から最新作まで約80点が集う本展で、熱い情熱に貫かれたその画業に触れてください。

文/小吹隆文(美術ライター)

『おとろえぬ情熱、走る筆。ピエール・アレシンスキー展』

期間:2017年1月28日(土)〜4月9日(日)
時間:10:00〜17:00(金曜〜19:00)※入場は閉館30分前まで 月曜休 ※3/20開館、3/21休館
会場:国立国際美術館(大阪市北区中之島4-2-55)
料金:一般900円、大学生500円、高校生以下無料(要証明)
※同時開催の「クラーナハ展」も鑑賞できる共通チケットは1900円
電話:06-6447-4680(代)
※会期中に関連イベントあり。詳しくは公式サイトにて
URL:http://www.nmao.go.jp/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ