洋と和の美意識が融合、大阪で展覧会
2017.1.18 20:00

ドイツ人の父とフランス人の母を持つアーティスト、ドミニク・ルトランジェ。青年期、日本に強い関心を持つようになった彼は、1992年に日本移住。日本独特の美意識を組み込んだミニマルな作品など、多彩な制作活動をおこなう彼の個展が1月20日から、「TEZUKAYAMA GALLERY(テヅカヤマギャラリー)」(大阪市西区)で開催されます。

ドミニク・ルトランジェ《LIWLDS》 2016年 pencil on paper 50×66cm/ドミニク・ルトランジェ個展@テヅカヤマギャラリー(大阪市西区)、1月20日より
ドミニク・ルトランジェ《LIWLDS》 2016年 pencil on paper 50×66cm/ドミニク・ルトランジェ個展@テヅカヤマギャラリー(大阪市西区)、1月20日より画像一覧

彼の作品には、カラフルな色面や動的な線を駆使したシリーズと、色味を抑えた作品群がありますが、今回の個展で見られるのは後者です。それらは紙と鉛筆の濃淡のみで表現されたドローイングで、静かに制御されたリズム、線の重なりが生み出す繊細な表情、効果的な余白が大きな特徴となっています。未発表の新作約20点からなる本展で、洋の東西を超えた簡潔な美の世界をお楽しみください。

山田正亮《Work C.p89》 1961年 oil on paper 55×39cm/画廊コレクション@テヅカヤマギャラリー(大阪市西区)、1月20日より
山田正亮《Work C.p89》 1961年 oil on paper 55×39cm/画廊コレクション@テヅカヤマギャラリー(大阪市西区)、1月20日より画像一覧

また、別室では画廊コレクションの山田正亮作品を同時展覧します。山田は日本を代表するミニマルアーティストの一人で、今年3月には「京都国立近代美術館」(京都市左京区)で大規模な個展が予定されています。ルトランジェ作品と見くらべるのもまた一興かと思います。期間は2月18日まで、入場無料。

文/小吹隆文(美術ライター)

『ドミニク・ルトランジェ個展 MONOCHROME LANDSCAPE』

期間:2017年1月20日(金)〜2月18日(土)・12:00〜19:00 ※月・日・祝休
会場:TEZUKAYAMA GALLERY(大阪市西区南堀江1-19-27 山崎ビル2F)
料金:無料
電話:06-6354-3993
URL:http://tezukayama-g.com/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ