ラーメン神座、最初で最後のうどん発売

2017.1.16 12:30

「どうとんぼり神座」創業以来初となる「うどん」メニュー「破門」

(写真2枚)

関西・関東で展開する人気ラーメン店「どうとんぼり神座(かむくら)」が、1月24日から期間限定で創業以来初となる「うどん」メニューを販売すると発表した。

同店初のうどんメニューとなる酒粕坦々うどん「破門」は、1月28日公開の映画『破門』とのタイアップメニューとして開発されたもの。マイルドな坦々麺をベースに、坦々ペーストには酒粕・甘酒が練り込まれ、ほんのりとした甘い日本酒の香りが口いっぱいに広がる一品。うどん麺はのどごしがよく、なめらかな国産小麦粉100%を使用している。

坦々ペーストに酒粕・甘酒を練り込んでいる酒粕坦々うどん「破門」
坦々ペーストに酒粕・甘酒を練り込んでいる酒粕坦々うどん「破門」

期間は1月24日から約1カ月限定。「どうとんぼり神座」全店で販売される。価格は880円(店舗により異なる)。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本