滋賀・JR草津線に「忍者列車」デビュー

2017.1.4 12:00

今回決定した「SHINOBI-TRAIN(しのびとれいん)」デザイン案

(写真2枚)

忍者の躍動感あふれる姿をデザインしたラッピング列車「SHINOBI-TRAIN(しのびとれいん)」が、定期運行前の2月25日、JR草津線の「特別貸切り列車」ツアーでお披露目される。

日本だけでなく世界でも特に知名度の高い忍者の里、甲賀市と伊賀市を結ぶJR草津線は、「甲賀の里忍術村」の最寄り駅である甲賀駅も含まれている。このたび、滋賀県と草津市、栗東市、甲賀市、湖南市、日野町、三重県伊賀市で組織される「JR草津線利用促進プロジェクトチーム」は、「忍者」という世界的なコンテンツをより活かすために「しのびとれいん」を企画した。

「SHINOBI-TRAIN(しのびとれいん)」デザイン案・投票の様子
「SHINOBI-TRAIN(しのびとれいん)」デザイン案・投票の様子

デザイン案の投票は、10月22日から11月27日にわたり、沿線地域と台湾など計11カ所のイベント会場などで実施。国内外の計2019人から投票を得て、もっとも多い581票を獲得したのが今回採用された、忍者のシルエットに流線模様が施された躍動感溢れるデザインだ。

プロジェクトの背景には草津線に乗ってくれる人が増えれば、という目的もあるが、2月25日にデビューするのは1列車のみのため、いつでも「しのびとれいん」が見られるわけではない。しばらくは忍者列車だけに「お忍び状態」が続くようだが、車両内は忍者テイストのデザインになる予定。まずはツアーに参加して、「しのびとれいん」を楽しんでみては。

取材・文/岡田由佳子

「特別貸切り列車」に乗る草津線沿線日帰りツアー

日時:2017年2月25日(土)・9:00〜(草津駅発)
料金:大人2220円(にんにんにんまる)、子ども1110円 ※6歳未満無料
※募集方法は1月上旬発表、定員160人
電話:077-528-3684(草津線利用促進プロジェクト事務局)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本