Dボウイの大回顧展、映画で再び
2016.12.20 21:00

2013年にイギリス・ロンドンの「ヴィクトリア&アルバート博物館」で開催された、デヴィッド・ボウイの50年の軌跡を追った『デヴィッド・ボウイ・イズ』。全世界で150万人を動員した大回顧展の日本上陸(2017年1月8日)を記念して、そのドキュメンタリー映画が全国で上映されることに。

ドキュメンタリー映画『デヴィッド・ボウイ・イズ』© 2016 Cutlure-ville, LLC
ドキュメンタリー映画『デヴィッド・ボウイ・イズ』© 2016 Cutlure-ville, LLC画像一覧

本作は、「ヴィクトリア&アルバート博物館」でのクロージング・ナイトに撮影され、司会進行役には本展覧会のキュレーターでもあるヴィクトリア・ブロークスとジェフリー・マーシュが担当。ボウイのステージ衣装、歌詞などの創作活動に使われたメモ、ストーリーボード、ダイアリーなど、珍しい貴重な資料や当時の衣装などをカメラとともに巡りながら、その意味合い・背景を興味深く語ってくれる。また、スペシャルゲストとして登場したデザイナー・山本寛斎らが明かすデヴィッド・ボウイとの秘話も収録されている。

山本寛斎が手掛けた有名な「トーキョーポップ」のジャンプスーツも展示 © 2016 Cutlure-ville, LLC
山本寛斎が手掛けた有名な「トーキョーポップ」のジャンプスーツも展示 © 2016 Cutlure-ville, LLC画像一覧

このドキュメンタリー映画は、2015年に日本でも限定的に上映されたが、その際は1万人以上を動員。改めてデヴィッド・ボウイの人気を高さを知らしめた。権利上の問題から、テレビ放映・ビデオ化は予定がないため、その貴重な映像が観られるのは映画館のみ。関西では、大阪「なんばパークスシネマ」(1月7日から1週間限定)、京都「立誠シネマ」(1月14日から2週間限定)で上映される。

ドキュメンタリー映画『デヴィッド・ボウイ・イズ』

ドキュメンタリー映画『デヴィッド・ボウイ・イズ』© 2016 Cutlure-ville, LLC
監督:ハミッシュ・ハミルトン(BAFTA受賞監督)
出演:ヴィクトリア・ブロークス、ジェフリー・マーシュ
配給:カルチャヴィル
料金:一般1800円、学生1200円
なんばパークスシネマ、立誠シネマにて上映
URL:http://www.culture-ville.jp/about-dbi

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。