渡辺直美、NY留学の嫌な記憶が再び
2016.12.16 6:00

日本人の若者たちがニューヨークで共同生活をしつつ、世界に挑戦する姿を追うドキュメント番組『がむしゃらジャパニーズ ~ボクたち世界で通用しますか?~』(カンテレ)。そのMCをつとめるお笑い芸人の小籔千豊と渡辺直美が、収録後に番組を振り返った。

watanabe

番組では、23歳でラーメン屋の店長に抜擢された元ヤンの「マサ」、大道芸のイケメンパフォーマー「Hi2(ヒッツ)」、24歳で開業したネイリスト「ケンケン」という、3人の日本人の若者にスポットを当て、ニューヨークでがむしゃらに奮闘する姿を追う。

ビヨンセのモノマネでブレイクし、自身もニューヨーク留学の経験をもつ渡辺は、「向こうに着いてすぐに、『あなたが持っている技術を見せてよ』っていうニューヨークスタイルは、改めてちょっと自分には合わないなって思いました(笑)。その場でビヨンセを踊ったりしなきゃいけなかった当時のすごく嫌な記憶が頭によぎりましたね」とコメント。そして、「ニューヨークで知ってもらうために自己アピールをするのが大切だったんです。(3人の若者)みんなはちゃんと自分の持っているものをぶつけているのが、かっこいいなと思いましたね」と語った。この模様は12月17日・午後3時から放送される(関西ローカル)。

カンテレ『がむしゃらジャパニーズ ~ボクたち世界で通用しますか?~』

出演:小籔千豊、渡辺直美
放送:2016年12月17日(土)・15:00〜16:00
URL:http://www.ktv.jp/gamushara/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ