大阪に「人類史上最高のやきもの」来日
2016.12.9 6:00

中国の歴代皇帝が愛した名品の数々を所蔵する、台湾の「國立故宮博物院」。同院より、北宋汝窯青磁水仙盆の名品4点と、清朝の皇帝がそれらを手本に作らせた景徳鎮官窯の青磁水仙盆1点が来日し、12月10日から「大阪市立東洋陶磁美術館」(大阪市北区)で公開されます。

青磁水仙盆(せいじ すいせんぼん) 汝窯 北宋・11世紀末〜12世紀初 高5.7㎝、口径23.1×15.2㎝ 台北 國立故宮博物院 写真:六田知弘
青磁水仙盆(せいじ すいせんぼん) 汝窯 北宋・11世紀末〜12世紀初 高5.7㎝、口径23.1×15.2㎝ 台北 國立故宮博物院 写真:六田知弘画像一覧

いずれも名品ですが、最も注目すべきは汝窯の「青磁無紋水仙盆」です。天青色(てんせいしょく)と呼ばれる典雅な釉色と端正なフォルムを併せ持ち、表面に傷や模様が全くないことから、「人類史上最高のやきもの」と称される神品なのです。

本展ではさらに、大阪市立東洋陶磁美術館が所蔵する1点を加えた計6点が展示されます。たった6点というなかれ。汝窯青磁は現存品が70数点と少なく、国内でまとまった数を見られる機会は二度とないかもしれません。しかもそれらのうち3点は今回が海外初公開です。陶芸ファンならずとも興味をそそられる人が多いのでは。奇跡のように美しい青磁の輝きを目に焼き付けてください。期間は2107年3月26日まで、一般1200円ほか。

文/小吹隆文(美術ライター)

『台北 國立故宮博物院-北宋汝窯青磁水仙盆』

日時:2016年12月10日(土)〜2017年3月26日(日) 
   9:30〜17:00(12/16〜25は〜19:00)※入館は閉館30分前まで 
   月曜・12/28〜1/4、1/10、3/21休 ※12/19・1/9・3/20は開館
会場:大阪市立東洋陶磁美術館(大阪市北区中之島1-1-26)
料金:一般1200円、大高生700円
電話:06-6223-0055
※会期中に関連イベントあり。詳しくは公式サイトにて
URL:http://www.moco.or.jp/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ