松崎しげる、「黒」歴史を振り返る
2016.11.28 19:40

友近が司会を務める演歌バラエティ『ザッツ・エンカ・テインメント』(朝日放送)。先日その収録が行われ、ゲストに歌手の松崎しげるが登場した。

「CMソングは500曲ぐらい歌った」という松崎しげるが、番組のCMソングを即興で弾き語り(左は友近)
「CMソングは500曲ぐらい歌った」という松崎しげるが、番組のCMソングを即興で弾き語り(左は友近)画像一覧

本放送では、9(ク)月6(ロ)日が「松崎しげるの日」に認定されるなど「黒」が代名詞となった松崎が、年代別のCDジャケット写真とともに「松崎しげる 黒歴史」を振り返る。「歌番組をよく見ると、僕が黒点になってて(笑)。番組のプロデューサーからは『分からないから、いつも歯を出してなさい』と(言われた)」と、歯と爪には常に気を遣っていることや、今も「10月から2月までは、企業努力として日焼けマシンに入りますね」と、事務所と自宅に日焼けマシンを購入したことなど、色黒の肌を維持するための努力を明かす場面も。

さらに、サクラクレパスが「まつざきしげるいろ」を開発&発売したり、2015年のデビュー45周年には音楽イベント『黒フェス』を開催。それらにまつわる驚きの事実が次々と判明する。この模様は11月30日の深夜1時40分から放送される。

『ザッツ・エンカ・テインメント ~ちょっと唄っていいかしら?~』

出演:友近
ゲスト:松崎しげる
放送:2016年11月30日(水)・深夜1:40〜2:15
URL:http://www.asahi.co.jp/enkame/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ