「阿部寛は魅力的」と映画監督が絶賛
2016.11.21 17:00

東野圭吾原作で雪山を舞台にした映画『疾風ロンド』の合同会見が大阪市内で開催。その会見で主演の阿部寛が、吉田照幸監督から絶賛された。

阿部にとっては、『新参者シリーズ』に続いて2作目の東野圭吾作品。「また新たな東野さんの作品との付き合いができたと思っています」と阿部
阿部にとっては、『新参者シリーズ』に続いて2作目の東野圭吾作品。「また新たな東野さんの作品との付き合いができたと思っています」と阿部画像一覧

「久しぶりにエンタテインメントらしい作品に出させていただいた。スキーの滑りのシーンもあんなに臨場感あるシーンを見たことなかったので、これはどうやって撮ったんですかって訊いたほど。(試写を観て)こういう作品だったんだなと、いろんなものにびっくりしました」と想定外の仕上がりに驚いた阿部。

阿部の演技に対して吉田監督は、「真面目にやるほど面白いって方が、コメディで一番うれしい。ドラマとコメディが融合できる役者さんだなと観てて思いました。『やりすぎかな?』って相談されて、やり過ぎと思っていても『大丈夫です』と答えてた傾向がある。あとから観ると本心から出た動きなんで、やっぱりつないでみると活きてるんですよね。本当に魅力的でした」と絶賛。

左から合同取材に参加した吉田照幸監督、阿部寛、大島優子(10/5、大阪市内)
左から合同取材に参加した吉田照幸監督、阿部寛、大島優子(10/5、大阪市内)画像一覧

バラエティ番組『サラリーマンNEO』の吉田監督が手掛けたとあって、阿部は「セクシー部長とかいろんなキャラクターがあるので、僕もこの作品のなかでこの役をどうやってやれるかなって考えた。(撮影では)監督がカットをかけてくれない。大倉くんと2人のシーンで、芝居終わっても1分ほど止められないのでアドリブで穴に落ちたんです。ま、しっかり使われてたので、ありがとうございます」と監督の要望に応えたようだ。

本作は、阿部寛演じる主任研究員が、雪山に隠された生物兵器(ウイルス)を探すハラハラ・ドキドキ感と笑いが渦巻くサスペンス。映画は11月26日から公開される。

映画『疾風ロンド』

2016年11月26日(土)公開
監督:吉田照幸
出演:阿部寛、大倉忠義、大島優子、ほか
配給:東映
1時間49分
大阪ステーションシティシネマほかで上映
URL:http://www.shippu-rondo-movie.jp/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ