JR西日本の新ホテル、うめきたに登場

2016.11.18 08:00

JR大阪駅近くに開発される新ホテルを発表した、来島達夫 代表取締役社長(16日・大阪市内)

(写真2枚)

開発が進むJR大阪駅の北側「うめきた」(大阪市北区)エリアに、JR西日本が新ブランドのホテルを開発することを発表。2018年春に完成予定となる。

場所は、「グランフロント大阪」東側に位置した、JR西日本グループが運営した宿泊施設「大阪弥生会館」跡地。用地面積約3200平方メートルの敷地に8階建て、約400室のホテルが登場予定だ。こちらは、同グループによるシティホテル「グランヴィア」、ビジネス利用が多い宿泊特化型ホテル「ヴィアイン」のブランドに加わる、ハイクラスの宿泊特化型ホテル・ブランドとなる予定。

イメージ
イメージ

ビジネスマン、関西への国内観光客、インバウンドの利用を見込み、従来のホテルよりも客室の面積割合を広げ、ゆったりとした空間を予定。新ブランド、名称、サービスについては決定次第、発表される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本