大阪・御堂筋に「自転車空間」が誕生
2016.11.11 16:00

来年80周年を迎える大阪のメインストリート・御堂筋に、自転車通行空間が11月10日に誕生。それにより、南海・難波駅前から千日前通りまでの御堂筋東側の歩道が広くなり、人が通りやすい空間に生まれ変わった。

御堂筋に登場した自転車空間。さっそく、自転車が快適そうに走った(10日・大阪御堂筋)
御堂筋に登場した自転車空間。さっそく、自転車が快適そうに走った(10日・大阪御堂筋)画像一覧

これまで御堂筋は車重視で空間が作られてきたが、「人重視の道路空間」として再編。その第一段階として今回のモデル整備が行われた。モデル区間のスタート地点となる千日前通りからはまっすぐに自転車空間が伸び、歩道も広くなり歩行者も自転車も快適な様子だ。

歩道が広く、自転車も快適に走行できるモデル区間(10日・大阪御堂筋)
歩道が広く、自転車も快適に走行できるモデル区間(10日・大阪御堂筋)画像一覧

その完成式典も同日開催され、御堂筋再編に向けて取り組んできた中央区の柏木陸照区長は、「地元の商店会、民間企業、さまざまな方たちの協力のもと、一歩一歩取り組みを進め、ようやくスタートを切ることができた。今までもこれからも課題となるのは放置自転車や一人ひとりの交通社会におけるルール・マナーアップ。引き続き、啓発を行い、加えて空間再編をより拡大していきたい」と目標を語った。

御堂筋沿道・千日前通以南モデル区間整備協議会と大阪市役所職員ら(10日・大阪)
御堂筋沿道・千日前通以南モデル区間整備協議会と大阪市役所職員ら(10日・大阪)画像一覧

取材・文・写真/岡田由佳子

「大阪市」公式サイト

URL:http://www.city.osaka.lg.jp

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ