米国キンキーブーツ、ついに大阪上陸

2016.11.3 07:00

来日版公演よりドラァグクイーンのローラ(真ん中)とエンジェルズたら Tiffany Engen and Adam Kaplan in the National Tour of Kinky Boots. Photo: Matthew Murphy.

(写真3枚)

この夏、三浦春馬の女装が話題となった日本語版ミュージカル『キンキーブーツ』。その本家本元である来日版の大阪公演が、いよいよ11月2日から「オリックス劇場」(大阪市西区)ではじまった。

今回の公演は、本国アメリカのスタッフ・キャストが集結し、ブロードウェイさながらのパワフルなステージを繰り広げる。日本語版でのパフォーマンスも当然魅力的だったが、やはりエンタテインメントの本場からやってきたステージは圧倒的。キャスト全員で歌うクライマックスはもちろん、主人公でドラァグクイーンのローラや、老舗靴工場の跡継ぎチャーリーらのソロパートはどれも観客の心をわしづかみに。1曲1曲、歌唱後の拍手はなかなか鳴り止むことがなかった。

来日版公演より。日本語版では小池徹平とソニンが演じたチャーリーとローレン Tiffany Engen and Adam Kaplan in the National Tour of Kinky Boots. Photo: Matthew Murphy.
来日版公演より。日本語版では小池徹平とソニンが演じたチャーリーとローレン Tiffany Engen and Adam Kaplan in the National Tour of Kinky Boots. Photo: Matthew Murphy.

全編英語だが、舞台脇の電光掲示板に日本語訳が表示されるので、予備知識がなくても安心。また、日本語版を観劇した人にとっては、微妙な表現の違いなどを比較しながら楽しむことができる。ほぼ満席で迎えた大阪初日の公演では、上演後にはスタンディングオベーションで声援が贈られ、観客からは「おもしろかった。来日版こそ観ておかないと」といった声が、ため息とともにもれていた。来日公演は6日まで。チケットはS席12,800円ほか、各プレイガイドで発売中。

来日版公演より Kinky Boots National Touring Company. Photo: Matthew Murphy.
来日版公演より Kinky Boots National Touring Company. Photo: Matthew Murphy.

ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』<来日版>

脚本:ハーヴェイ・ファイアスタイン
音楽・作詞:シンディ・ローパー
演出・振付:ジェリー・ミッチェル
出演:J.ハリソン・ジー、アダム・カプラン、ティファニー・エンゲン、アーロン・ウォルポール、ほか

日程:2016年11月2日(水)〜6日(日)
会場:オリックス劇場(大阪市西区新町1-14-15)
料金:S席12,800円、A席10,800円、B席8,800円、C席6,800円、D席4,800円
電話:0570-200-888(キョードーインフォメーション)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本