EXILE卒業後初ワンマン、MATSU即興

2016.10.7 12:00

「今まではメンバーに甘えていたなと思います。90分ひとりで空気感を作っていくのは勉強になりますし、追い込むことが好きな僕にとって観客に囲まれたこの舞台は大きなものを得られます」とMATSU

(写真2枚)

昨年にEXILEパフォーマーを卒業したMATSUこと松本利夫。彼が原案・主演を務める、ワンマンショー『MATSUぼっち 04 -DOORS-』が、6日から「大阪ビジネスパーク円形ホール」(大阪市中央区)ではじまった。

EXILEきっての名パフォーマーであり、映画・ドラマなど活動の幅を広げてきたMATSU。演出やプロデュースにも挑戦し、2015年には自身が組長を務める「劇団EXILE松組」も立ち上げた彼が、自己プロデュース・シリーズ『MATSUぼっち』を約3年ぶりに開催。今回は「新たな扉を開く」をキーワードに、舞台上のたくさんのドアを開けることでストーリーが展開していくエンタテインメントショーだ。

空気が一変し、パフォーマーとしてのプライドが全身から溢れ出るダンス
空気が一変し、パフォーマーとしてのプライドが全身から溢れ出るダンス

初日前に公開されたゲネプロでは、3方向を客席に囲まれた舞台上で、芝居やダンスを披露。「今日のゲネプロでもアドリブ的な部分が多かったですが(笑)、毎回内容が違う舞台は面白いと思うし、お客さまと一緒に作っていくアットホームな舞台にしたい」という。即興で一人芝居を演じるコーナーもあり、「本当に大変です。物語の絵を作りながら一人で芝居をしないといけないので、毎回ハードルが高いですね。僕は日ごろから人生の選択は日々の小さな選択の積み重ねだと思うので、それをこの舞台に反映できれば」とコメントした。

松本利夫ワンマンSHOW『MATSUぼっち 04』-DOORS-

日程:2016年10月6日(木)~9日(日)
会場:大阪ビジネスパーク円形ホール(大阪市中央区城見2-1-61)
料金:8,000円
電話:0570-200-888(キョードーインフォメーション)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本