新生・春日大社国宝殿、内部を初公開

2016.9.30 17:00
  • 写真は作品『春日』。明滅する光の線は春日大社の万葉植物園や境内の自然を思い起こさせる
  • 国宝殿の展示シンボル「だだいこ」。高さ6.5メートル、重さ約2トンもの大きさで、『春日若宮おん祭り』の舞楽で実際に使用される
  • 館内の展示の様子
  • 近年のX線CTスキャンなどの調査により、金具の多くが金無垢だと判明した国宝「金地螺鈿毛抜形太刀」(10/1〜31公開)
  • 「展示室 神垣」のインスタレーションのひとつ。鏡のような水盤に光や水滴が落ち波紋が広がり、聖地を感じさせる演出
  • 写真は作品『春日』。明滅する光の線は春日大社の万葉植物園や境内の自然を思い起こさせる
  • 国宝殿の展示シンボル「だだいこ」。高さ6.5メートル、重さ約2トンもの大きさで、『春日若宮おん祭り』の舞楽で実際に使用される
  • 館内の展示の様子
  • 近年のX線CTスキャンなどの調査により、金具の多くが金無垢だと判明した国宝「金地螺鈿毛抜形太刀」(10/1〜31公開)
  • 「展示室 神垣」のインスタレーションのひとつ。鏡のような水盤に光や水滴が落ち波紋が広がり、聖地を感じさせる演出
(写真5枚)

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本