阪神地下イートインメニュー限定復活

2016.9.4 08:00

左は驚くほど早い調理スピードでも人気を集めた「玉子丸」のオムライスと牛すじデミグラス。右の「うまかラーメン」はしょうゆ、みそ、とんこつの3種類

(写真1枚)

「阪神梅田本店」(大阪市北区)の地下1階で、昨年2月に営業を終了したイートインコーナー「スナックパーク」。この地で約58年にわたって愛されたメニューが、9月7日から同百貨店で行われる『阪神バルまつり』で限定復活する。

最終営業日には、往年のファンをはじめ、多くの人で賑わった「スナックパーク」。「豆太郎」「阪神チャーメン」「讃岐きしめん 大吉」「立ち喰い寿司 古市庵」など、12軒あったお店のなかから今回復活するのは、終了直前に最大1時間待ちの行列ができ、 1日に1,000食以上を販売したという「玉子丸」の名物オムライス391円と「旨阿ラーメン」のうまかラーメン432円。ファンからの「あの味を復刻してほしい」という声に応えて実現した。

「玉子丸」からはこのほかにも、 玉子をふわとろに仕上げ、 牛すじデミグラスソースをてんこ盛りにしたプレミアムなオムライスも登場。また、現在は移転して営業を続ける「阪神名物いか焼き」からも、ワインに合わせトマトソースを巻き込んだ、いか焼きの新メニュー・イカヤキーノ270円も販売される。「阪神梅田本店」8階催場で12日まで開催。

『阪神バルまつり』

日程:2016年9月7日(水)〜12日(月)
会場:阪神梅田本店 8階催場(大阪市北区梅田1-13-13)
電話:06-6345-1201

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本