東陽一監督「池松壮亮は毎回演技が違う」
2016.9.3 10:00

井上荒野の原作を名匠・東陽一が映画化した『だれかの木琴』。その先行上映会が2日、大阪市内でおこなわれ、東監督と俳優・池松壮亮が舞台挨拶に登場した。

大阪市内でおこなわれた先行上映会に登場した池松壮亮(左)と東陽一監督
大阪市内でおこなわれた先行上映会に登場した池松壮亮(左)と東陽一監督画像一覧

東監督と池松の出会いは2年前。学生時代、東監督の作品に衝撃を受けた池松が、俳優になってから食事に誘ったのが最初だったという。「池松さんが会いたいって言ってると。なんの用だろうなと行きまして。いろいろ話をしました。そのとき、2つの感情を持ちましてね。ひとつは、俺のあんな昔の映画が好きだなんて、かなり変わった男だなと。とはいえ、私にとっては重要な作品なので、その映画を観てショックを受けたと言われるとうれしい。若い人に認められたんだなって」と笑顔で振り返った東監督。

俳優・池松壮亮の演技を「1回ごとに違う。僕はそれが楽しみ」と語った東陽一監督
俳優・池松壮亮の演技を「1回ごとに違う。僕はそれが楽しみ」と語った東陽一監督画像一覧

池松にとって憧れだった東監督だが、その現場での池松について、「現場ではどうしたって2、3回テストしないといけない。キャメラの問題とかあって。それを見てると、彼は1回ごとに違うんですよ。つまり考えてるわけ、試しているんです。僕はそれが楽しみで。このへんで決めてくるかと思えば、また違うことをする。それをうまく掴まえられたら、監督としては勝利だと思っちゃうんですね」と、東監督も撮影を楽しんだようだった。映画は9月10日より公開される。

映画『だれかの木琴』

2016年9月10日(土)公開
監督:東陽一
出演:常盤貴子、池松壮亮、佐津川愛美、勝村政信、ほか
配給:キノフィルムズ
大阪ステーションシティシネマほかで上映
© 2016「だれかの木琴」製作委員会
URL:http://darekanomokkin.com

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ