向井理、3年ぶり舞台「すでに波乱」
2016.8.26 22:00

ドラマ、映画で活躍する俳優・向井理が、東京を拠点に活動する劇団・モダンスイマーズの劇作家・蓬莱竜太に自らアプローチし、3年ぶりの舞台となる『星回帰線』の全国公演が決定。向井が大阪市内の会見で意気込みを語った。

「京都でやるのは自分としては初めてなので、楽しみたい」と話す向井理
「京都でやるのは自分としては初めてなので、楽しみたい」と話す向井理画像一覧

「舞台に限らず、ドラマや映画に関しても、自分から積極的にやろうと言うのはあんまりない」と話す向井。だが、以前より同劇団の舞台を観て、「どこかその作品に巻き込まれている感覚が毎回あった。蓬莱さんが手掛ける作品というのは、いつも日常を観ているようで、突拍子もない設定というのがない。どこか舞台のなかにいるような感覚になる。ずっと客席から観てたものを、逆に(舞台上から)客席を見てみたいな」という思いになったという。

舞台が決まってからも、「僕は蓬莱さんの世界観が好きなので、そのなかで僕みたいな存在をどう描いて、どう調理してくれるかなっていうのが楽しみ。そのためにもお会いして、いろんなことを話したつもりです」と、頻繁にコミュニケーションを取ったという。今回は比較的小さな劇場での公演。「エンタテインメントって、(観客の)いろんな感情を動かす仕事だと思うんですね。それが喜怒哀楽だったり嫌悪感だったり・・・、観終わった人がどういう顔をしているのか楽しみです」。

「舞台でしか得られない達成感とか高揚感があるから、年に1本やりたい」と舞台にも積極的な向井
「舞台でしか得られない達成感とか高揚感があるから、年に1本やりたい」と舞台にも積極的な向井画像一覧

本公演は、「共同体で生活している社会にあまりなじめない人たちの話。僕は恩師の誘いをうけて、そのコミュニティで生活するっていうところから物語が始まり、その生い立ちだったり、そこでの会話劇で人間関係が破綻していって・・・。勘違いで人間関係って少しずつ、良くも悪くも変わっていくものだと思うので、そういう細かい感情の機微が伝わる作品になれば」と語った。

脚本はまだできておらず、蓬莱からは「待たしてゴメンね」とメールがあったという。「来週稽古のはずなんですけど、もうすでに波乱が始まってる・・・(笑)」。関西公演は、11月17日〜20日に「ロームシアター京都」(京都市左京区)にて。チケットは8,000円で、9月4日より各プレイガイドで発売される。

『星回帰線』

作・演出:蓬莱竜太
出演:向井理、奥貫薫、野波麻帆、高橋努、岩瀬亮、生越千晴、平田満

日程:2016年11月17日(木)〜20日(日)
会場:ロームシアター京都サウスホール(京都市左京区岡崎最勝寺町13)
料金:8,000円(全席指定)
電話:0570-200-888(キョードーインフォメーション)

URL:http://www.parco-play.com/web/program/kaikisen/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。