生田斗真、10年ぶりに新感線の舞台に
2016.8.4 8:00

劇団☆新感線が、8月から秋にかけて東京・大阪などで上演するロック活劇『Vamp Bamboo Burn~ヴァン!バン!バーン!~』の大阪公演のチケットが8月5日に発売。脚本に宮藤官九郎、主演には10年ぶりに新感線の舞台に立つ生田斗真を迎えて行われる。

「斗真みたいな男が吸血鬼で平安時代の生まれ変わりっていうと、安っぽい少女マンガになりかねないと、宮藤くんに頼んで一筋縄ではいかない物語になった」という演出のいのうえひでのり
「斗真みたいな男が吸血鬼で平安時代の生まれ変わりっていうと、安っぽい少女マンガになりかねないと、宮藤くんに頼んで一筋縄ではいかない物語になった」という演出のいのうえひでのり画像一覧

初主演の舞台が劇団☆新感線の『Cat in the Red Boots』だった生田は、「久しぶりに帰ってこられた。新たな気持ちでしっかり務めていきたい」と話す。本作で吸血鬼を演じるという設定には、「(顔が)やっぱ、濃いいから」と主宰で演出のいのうえひでのり。「宮藤くんも言ってましたけど、Too Much感があるので、普通のハンサムな男よりも行きすぎた設定の方が良いと、最初から決まってました」と、『Cat in 〜』が終わったときから吸血鬼ものの構想があったという。

公演ヴィジュアルより
公演ヴィジュアルより画像一覧

大阪公演の会場は、音楽の殿堂「フェスティバルホール」(大阪市北区)。「打倒X(JAPAN)みたいなつもりで、激しい曲もある」といのうえが話すほどライブシーンには力を入れており、生田は「ちょっと声が裏返るような独特の歌い回しとか、ヘナヘナした動き方」をガンズ・アンド・ローゼズのボーカリストのアクセル・ローズなどを参考に研究しているという。

今年4月には本格時代劇『乱鶯(みだれうぐいす)』を上演した新感線。切ない作品だった前作とは一転、今回は劇団の本領発揮ともいえる「ハチャメチャな設定で、かなり笑えるものになってる。宮藤くんの本なんで普通じゃない」といのうえは話す。平安時代から生き続けるヴァンパイアが、現世ではヴィジュアル系のバンドでボーカルとなり、理想の女性を追い求めるというストーリー。大阪公演は10月19日〜31日。チケットはS席13,800円ほか、8月5日より各プレイガイドで発売される。

2016年劇団☆新感線夏秋興行 SHINKANSEN☆RX『Vamp Bamboo Burn~ヴァン!バン!バーン!』

作:宮藤官九郎
演出:いのうえひでのり
出演:生田斗真、小池栄子、中村倫也、神山智洋(ジャニーズWEST)、橋本じゅん、高田聖子、粟根まこと、篠井英介、徳永ゆうき、紘毅、松田 翔、ほか
日程:2016年10月19日(水)〜31日(月)
会場:フェスティバルホール(大阪市北区中之島2-3-18)
料金:S席13,800円、A席11,500円、B席9,500円
電話:0570-200-888(キョードーインフォメーション)
URL:http://www.v-b-b.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。