小吹隆文撰・週末アート、7/20〜
2016.7.20 19:00

小吹隆文撰・週末アート、7/20〜

「とにかく誰よりも現場を見て歩く」を信条に、美術ライター・小吹隆文が膨大なアートの海から、いま必見の展覧会をピックアップ! 今週は、ドライブをかねてお出かけできる、陶芸展を紹介。

 

これは珍しい、対バン形式の展覧会
『Rencontre−いま、ここで、出会う 《交差する現代陶芸コレクション》』
@兵庫陶芸美術館(兵庫県篠山市)

兵庫・篠山にある兵庫陶芸美術館で、ユニークな企画展が行われています。

日野田崇インスタレーション展示風景
日野田崇インスタレーション展示風景画像一覧

通常、美術館では、年代、地域、技法などを前提に作品を展示します。しかし本展では、館蔵の現代陶芸コレクションから28作家を選び、独自の組み合わせで2人1組ずつ紹介しているのです。たとえば、富本憲吉(近代陶芸の巨匠)×日野田崇(漫画的なフォルムと図柄の立体を作る現代作家)、八木一夫(陶オブジェの先駆者)×増田敏也(低解像度のCGのような立体で知られる現代作家)といった具合。意外な組み合わせが発する共鳴やギャップを通して、陶芸の幅広さ、奥深さを体感してください。ちなみに展覧会名の「Rencontre」とは、「遭遇」「接触」を意味するフランス語です。

2016年6月18日(土)〜8月28日(日)
展覧会情報はこちら

 

東洋と西洋の文化的融合を体現
『生誕130年 バーナード・リーチ展』
@滋賀県立近代美術館(滋賀県大津市)

20世紀英国を代表する、工芸家として知られるバーナード・リーチ(1887〜1979)。彼の生誕130年を記念した本展では、初期から晩年までの代表作約200点が見られます。

バーナード・リーチ《楽焼駆兎文皿》 千葉・我孫子 1919年 日本民藝館蔵
バーナード・リーチ《楽焼駆兎文皿》 千葉・我孫子 1919年 日本民藝館蔵画像一覧

香港で生まれ、3歳まで日本で過ごしたリーチは、小泉八雲やホイッスラーの影響から日本に関心を抱き、1909年、22歳で再来日を果たします。その際、民藝運動の創始者で生涯の友となる柳宗悦など、日本の文化人や芸術家と知遇を得、陶芸の路を志すようになりました。そして計15回にわたる日英往来を通して、「東と西の結婚」という創作理念を追求し続けたのです。日本では既に有名なリーチですが、これだけの規模の展覧会は滅多に行われません。陶芸ファンなら必見です。

2016年7月9日(土)〜9月25日(日)
展覧会情報はこちら

 

美術館にもオープンエアの波が到来
『インサイド×アウトサイド−陶芸の森アートクルーズ』
@滋賀県立陶芸の森陶芸館(滋賀県甲賀市)

やきものの里、信楽に位置する「滋賀県立陶芸の森」では、アーティスト・イン・レジデンス(滞在制作)を積極的に展開し、これまでに50カ国・約1000人の作家が制作活動を行ってきました。彼らの足跡を示す多彩な作品は、陶芸の手法を使った幅広い作風が揃い、他のどこにもない「陶芸の森」ならではの財産と言えます。

リサ・ラーソン(デザイン)[スウェーデン]/絵付=青木寿美子 モニュメント《生命の樹》2015年
リサ・ラーソン(デザイン)[スウェーデン]/絵付=青木寿美子 モニュメント《生命の樹》2015年画像一覧

また、野外に点在する大型作品は信楽の豊かな環境とシンクロし、「やきもの×アート×自然」の醍醐味を存分に堪能できます。そんな同館の特徴を最大限に生かすべく行われている本展では、美術館の「なか」と「そと」を一つのフィールドに見立てて展覧会を構成。美術展を鑑賞するというよりも、ピクニック感覚で陶芸の森を巡りながら、作品と空間の両方を楽しむことができます。

2016年6月19日(日)〜9月23日(金)
展覧会情報はこちら

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。