巨大リゾートが兵庫・三木市に登場
2016.6.28 19:12

兵庫県・三木市に、大型複合施設「NESTA RESORT KOBE(ネスタ リゾート神戸)」が7月1日にオープン。ホテル、プール、グランピング施設が6月28日に報道陣に公開されたが、これは全貌のほんの一部。今後も次々と新施設が登場する予定だ。

ププール「ウォーターフォート」にある「水の要塞」。プールとグランピングは日帰り利用可
プール「ウォーターフォート」にある「水の要塞」。プールとグランピングは日帰り利用可画像一覧

2015年12月13日に閉業した「グリーンピア三木」から、リゾート&エンタテインメント施設として生まれ変わった「NESTA RESORT KOBE」。約230万平方メートルもの自然豊かな敷地を生かし、さまざまなアクティビティを提案する。

まず、子どもに人気になりそうなのがプール「ウォーターフォート」。スライダーやシャワー、水鉄砲など仕掛けが満載の「水の要塞」では2トンもの水が降りそそぎ、流れるプールも。そして、キッズ用プール「JAVA JAVA(ジャバジャバ)」は、雨対策と共に、幼児への紫外線対策を意識する親に向けてインドア施設に設置されている(料金大人1,500円、2~小学生未満900円)。

「GLAMP BBQ PARK」エリア内の最高級テント。キッチン、トイレ、シャワールームまであり、テント内にはエアコンも
「GLAMP BBQ PARK」エリア内の最高級テント。キッチン、トイレ、シャワールームまであり、テント内にはエアコンも画像一覧

幅広い年齢に評判になりそうなのが、グラマラスなキャンプことグランピングを提案する「GLAMP BBQ PARK」だ。BBQと野外で快適に過ごせるスペースとなっている(将来的には宿泊サービスの導入も検討とのこと)。さまざまなタイプが用意されており、気軽に楽しみたい人であればデッキテラスで1,000円で、最高級テントであれば施設利用料は80,000円となる(入場料金1人500円)。

「HOTEL THE PAVONE」のロビー。右上に見えるシャンデリアは19世紀後半に作られたもの、館内にはベルナール・ビュッフェをはじめ有名画家の作品も
「HOTEL THE PAVONE」のロビー。右上に見えるシャンデリアは19世紀後半に作られたもの、館内にはベルナール・ビュッフェをはじめ有名画家の作品も画像一覧

そして、宿泊施設となるのが、「雅モダン」をテーマとした「HOTEL THE PAVONE(ホテル ザ・パヴォーネ)」。イタリアン、和食、うどんの3つのレストランのほか宴会場も設けられ、カラオケ、バー、そして、8月31日までの期間限定で、東京駅3Dプロジェクションマッピングを担当した「NAKED Inc.」によるエンタテインメント施設『AQUARIUM BY NAKED -TO THE SEA-(アクアリウムバイネイキッド トゥザシー)』を楽しむことができる(入場料1,000円、小学生700円)。

今後の予定としては、今秋から来年春にかけてイルミネーション、ジップライン、アイススケート、温泉施設「延羽の湯」、ラグジュアリーホテル、お花畑、と畳みかけるように新施設が登場。そして、2018年には、戸建ての高級宿泊施設も計画しているそう。今後もまだまだ最新リゾートを提案していきたいとのことで、幅広い層から注目を集めるスポットとなりそうだ。

「NESTA RESORT KOBE(ネスタリゾート神戸)」

2016年7月1日オープン
住所:兵庫県三木市細川町垂穂894-60
※宿泊料金は10,500円〜
電話:0794-83-5211
URL:http://www.nesta.co.jp

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。