松坂桃李、R指定の舞台に裸で挑戦

2016.6.26 23:00

俳優・松坂桃李が、舞台『娼年』で2年ぶりに演劇の舞台に立つ。共演の高岡早紀と妖しく抱き合うビジュアルが印象的な本作。大阪公演のチケットが、7月9日に発売される。

syonen

本作は、石田衣良の長編小説『娼年』と、その続編『逝年』を舞台化。高岡演じる謎のクラブオーナーに誘われて娼夫となった青年を松坂が演じる。自分の仕事とオーナーとの恋愛を通して、無気力に生きてきた青年が、生きる意味を見つけていく様を描く。

脚本・演出は、乱交パーティが舞台のR18+映画『愛の渦』を手がけた三浦大輔が担い、演劇では異例のR15指定が入っている問題作。大阪公演は、9月7日〜11日に「梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ」(大阪市北区)にて。チケットは9800円で、7月9日から各プレイガイドで発売される。

舞台『娼年』

原作:石田衣良
脚本・演出:三浦大輔
出演:松坂桃李、高岡早紀、ほか

日程:2016年9月7日(水)〜11日(日)
会場:梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ(大阪市北区茶屋町19-1)
料金:S席9,800円、プレミアムシート(特典付)12,800円
※R-15指定(15歳未満、中学生以下入場不可)
電話:0570-200-888(キョードーインフォメーション)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本