太陽の塔を見下ろす 日本一高い観覧車

2016.6.23 23:17

観覧車の外観のイルミネーションは四季に加え、イベント時に合わせてデザインを変更される

(写真5枚)

大型複合施設「エキスポシティ」(大阪府吹田市)に、日本一高い観覧車「REDHORSE OSAKA WHEEL(レッドホース オオサカ ホイール)」が7月1日にオープン。それに先駆けて6月23日、報道陣に公開された。

全高123メートルという日本一の高さを誇るこの観覧車(世界でも5番目だとか)からは、70メートルの「太陽の塔」を見下ろせるのはもちろん、遠くは「あべのハルカス」や「大阪国際空港」まで、昼夜違った景色が楽しめる。また、ゴンドラ72基すべての床面は透明ガラスのシースルー構造となっており、空中に浮かんでいるかのように眼下の景色を眺めることができる。

ゴンドラには冷暖房が完備され、エリア放送が視聴できるタブレットが装備される
ゴンドラには冷暖房が完備され、エリア放送が視聴できるタブレットが装備されている

同観覧車を運営するフェリスウィールインベストメントの宮本裕司社長は「大阪・吹田を代表するシンボルとして、大先輩の太陽の塔が近くにいるが、この観覧車も新しいシンボルとして地元の方からも愛していただけるようにしたい」と意気込んだ。料金は1人1,000円で、所要時間は18分。

夜には光る太陽の塔を見ることができる
夜には光る太陽の塔を見ることができる

「レッドホース オオサカ ホイール」

2016年7月1日(金)オープン
住所:吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内
営業:10:00〜23:00
料金:当日チケット1,000円/名、ファスト10チケット1,500円/名、VIPチケット8,000円/ゴンドラ

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本