江戸時代のブロマイドを、国芳&国貞展

2016.6.17 23:03
  • 7月31日まで企画展の全作品撮影が可能だ(フラッシュ禁止)
  • 右から3番目が「ボストン美術館」キュレーターのセーラ・E・トンプソン
  • 歌川国貞 「蝶鵆亀山染」<br />「赤堀水右衛門」三代目嵐吉三郎、「中野藤兵衛」三代目嵐璃寛、「三木重左衛門」二代目片岡我童 安政2年(1855年)7月
  • 全部揃えたくなる、猫おみくじ各702円
  • お土産売り場が充実
  • 猫がそっとあちこちに。歌川国貞「大当狂言ノ内 八百屋お七」五代目岩井半四郎 文化11、12年(1814、15年)
  • 7月31日まで企画展の全作品撮影が可能だ(フラッシュ禁止)
  • 右から3番目が「ボストン美術館」キュレーターのセーラ・E・トンプソン
  • 歌川国貞 「蝶鵆亀山染」<br />「赤堀水右衛門」三代目嵐吉三郎、「中野藤兵衛」三代目嵐璃寛、「三木重左衛門」二代目片岡我童 安政2年(1855年)7月
  • 全部揃えたくなる、猫おみくじ各702円
  • お土産売り場が充実
  • 猫がそっとあちこちに。歌川国貞「大当狂言ノ内 八百屋お七」五代目岩井半四郎 文化11、12年(1814、15年)
(写真6枚)

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本