森星、阪急ディオール・ミニドレス展へ

2016.6.11 15:38

サングラスが一番好きで、同じ型で色違いを大人買いすることもあるそう。朝早いときや、顔がはれている時につけて、スタイリッシュに決めるそう

(写真5枚)

クリスチャンディオールのミニチュアドレスを展示する『ル・テアトル・ディオール』が「阪急うめだ本店」で6月11日からスタート。日本初開催の企画展をモデルの森星(もりひかり)が鑑賞し、魅力を語った。

1947年の創立から現代に至るまで、象徴的なオートクチュールのドレス49点を1/3サイズで再現した同展。「最近、祖母(森英恵)と結構話すことが多くて、オートクチュールの凄さを感じています。着れるという経験はなかなかできないし、女らしくブラッシュアップされる気分になります。今回の企画では、ミニチュアで表現されているのですが、繊細さがものすごく伝わってきます。今はもうないファブリックも、がんばって似ているものを探したり、染めたり、小さいのに愛情とエネルギーがそこに注ぎ込まれているのが間近で感じられました」とコメント。

2016年春夏オートクチュールコレクションを身に纏って登場し、英語で説明してもらいながら鑑賞
2016年春夏オートクチュールコレクションを身に纏って登場し、英語で説明してもらいながら鑑賞

ディオールの哲学にのっとった「ニュールック」「パリ」「トリアノン宮殿(ベルサイユ)」など9つのテーマの展示から一番気に入ったのは、香水としても、ドレス名としても有名な「ミス ディオール」だそう。実際に本人も当日はミス ディオールの香水を使用しており「24歳になって、大人になりたい自分と少女でいたい自分が交差していて。ちょっと若くいたい時は『ミス ディオール』のフレグランスをつけて。大人っぽくセクシーでいたいときは同ブランドの『ジャドール』をつけるんですね」と、ディオールを使いこなす森星流の見えないおしゃれを語った。展示は6月25日まで。入場無料。

花のオブジェが開き、クリスチャンディオールが1949年に発表したドレスと、2012年にラフ・シモンズが発表した同名のドレスが交互に登場する。フレグランスが香るボタンも
花のオブジェが開き、クリスチャンディオールが1949年に発表したドレスと、2012年にラフ・シモンズが発表した同名のドレスが交互に登場する。フレグランスが香るボタンも

『ル・テアトル・ディオール』

日程:2016年6月11日(土)〜25日(土) 
時間:10:00〜20:00(金〜日曜は〜21:00)
場所:阪急うめだ本店9F 祝祭広場
料金:入場無料
電話:0120-02-1947

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本