小吹隆文撰・おでかけアート、5/11〜
2016.5.11 21:00

kobuki_5

「とにかく誰よりも現場を見て歩く」を信条に、美術ライター・小吹隆文が膨大なアートの海から、いま必見の展覧会をピックアップ! 今週は、新たな視点のポートレイト写真、軽やかな彫刻、そして戦争、テロ、環境破壊などについて考える展覧会を紹介します。

 

写真ファン必見の若手グループ展
『I Only Have Eyes For You』
@中之島バンクス de sign de>(大阪市北区)

本展のタイトル『I Only Have Eyes For You(あなただけしか見えない)』は、1935年にミュージカル映画で紹介され、その後多くの洋楽歌手がカバーしたスタンダード・ナンバーです。本展では楽曲の「あなた」の部分にちなみ、気鋭の若手写真家たちによるポートレイト作品を紹介します。

©Jun Fujiyasu
©Jun Fujiyasu画像一覧

出展作家は、浦芝眞史、倉谷卓、藤安淳、横山大介、田中ヒロの5名で、テーマは、セクシュアリティー、家族や故郷との関係、アイデンティティー、コミュニケーション、タイムズスクエアでのスナップなど実に様々。従来のポートレイト写真の枠組みとは異なるアプローチから、それぞれの「あなた」を問いかける試みです。

2016年5月17日(火)〜6月5日(日)
展覧会情報はこちら

 

詩的な響きを感じる石彫作品
『privé(静かな静寂)の中に・・・。 クボタケシ展』
@あさご芸術の森美術館(兵庫県朝来市)

兵庫県朝来市といえば「天空の城」として名高い竹田城跡が有名ですが、そこから約7キロ南にある多々良木ダムのすぐそばに、「あさご芸術の森美術館」があります。豊かな緑に囲まれた同館で、彫刻家・クボタケシの個展が行われます。

クボタケシ《ノンシャランな森…》 Travertino Romano Classico 2016年
クボタケシ《ノンシャランな森…》 Travertino Romano Classico 2016年画像一覧

クボは大理石を用いた彫刻作品で知られています。彫刻といっても何かの形を作るのではなく、素材と対話し、ほんの少しだけ手を加えるのが特徴です。立方体をくり抜いた空洞、渦巻き模様、幾何学形態、極薄のパーツなどからなる作品を見ていると、彫刻とは思えぬ軽やかさ、透明感を感じるでしょう。「石のエトス(性格、習性、理性的な特徴)」と題され、新作6点が披露される本展で、その豊かな世界を堪能してください。

2016年5月14日(土)〜6月26日(日)
展覧会情報はこちら

 

今がどんな時代かを考える展覧会
『百年の愚行展』
@京都造形芸術大学ギャルリ・オーブ(京都市左京区)

本展は2冊の書籍、『百年の愚行』(2002年刊行)と『続・百年の愚行』(2014年刊行)を基にした企画で、昨年の東京展に続く開催となります。

9・11米国同時多発テロ事件/©Neville Elder/Corbis/amanaimages
9・11米国同時多発テロ事件/©Neville Elder/Corbis/amanaimages画像一覧

同書では、20世紀に人類が犯した戦争、暴力、環境破壊、経済格差などの愚行、「9.11」に始まり「3.11」を経てなお拡大する21世紀の愚行が、2冊合わせて150点の写真でまとめられています。本展では『百年の愚行』から原画およそ94点、『続・百年の愚行』は動画で48点の写真を紹介。併せて、ドイツのゴアレーベンで繰り広げられた核廃棄物最終処分場反対運動のポスターを展示しているほか、複数のトークイベントも予定されています。世界各地で戦争やテロが続発し、民主主義の危機が叫ばれている今だからこそ、見ておきたい展覧会です。

2016年4月29日(祝・金)〜5月22日(日)
展覧会情報はこちら

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。