攻めるブッフェ、スイーツに花を提案
2016.5.5 18:01

「エディブルフラワー」と「メロン」をテーマに「ホテルグランヴィア京都」(京都市下京区)が『スイーツバイキング』を、5月1日からスタート。「エディブル=食べられる」と、言葉通り食用の花を使ったスイーツとメロンスイーツが並ぶ。

エディブルフラワーとメロンのコーナー
エディブルフラワーとメロンのコーナー画像一覧

定番となったいちごブッフェもいち早く7年前から企画し、夜のナイトブッフェは今やスイーツ男子の人気スポットとなった同ホテル。昨年も、台湾かき氷、フローズンスモア(マシュマロを使ったスイーツ)など、流行を取り入れながらメニューを企画。今回は、「フレンチなどでもエディブルフラワーがメニューに使用される機会が増えてきました。日本の食文化にも、お刺身に食用菊を添えたり、伝統的にも花を食す文化はあるので、花とメロンで華やかさを楽しんでいただければ」と広報担当者。

手前からフラワーゼリーとメロンのクーリー、レアチーズ ローズの香り
手前からフラワーゼリーとメロンのクーリー、レアチーズ ローズの香り画像一覧

エディブルフラワーをスイーツに飾り付けたり、透明のゼリーに閉じ込めたり、思わず写真が撮りたくなる華々しいビジュアルに。チーズケーキとゼラチンの間にエディブルフラワーを挟んだ「レアチーズ ローズの香り」は、花びらの食感と共に、口の中にローズの香りも広がる。最近、ローズ風味のスイーツも増えてきている背景もあるので、すんなり楽しめる人と驚く人で二分されそうだ。「食べるお花スイーツ」は3種、そしてメロンスイーツ7種にも一部、デコレーションとして使用されている。

1人に1つずつ、プリンスメロン半分に北海道メロンアイスをトッピングした「メロンブーケ」をサーブ
1人に1つずつ、メロン半分に北海道メロンアイスをトッピングした「メロンブーケ」をサーブ画像一覧

もう一つの主役となるメロンスイーツは、最初に半分にカットされたメロン「メロンブーケ」を1人1個ずつサーブ(アフタヌーン時のみ)、果肉感たっぷりなメロンのジュースとスムージー、ショートケーキやゼリーなどお馴染みのスイーツをメロン仕立てで楽しめ、内容としてはメロン目当てのお客が中心となることが予想される。ほかにも定番のスイーツ、好みにカスタムできるハンバーガー、サラダ、軽食など約40種のメニューも楽しめる。料金は大人3,500円、木~土曜に開催される『ナイトスイーツバイキング』は大人3,200円、期間は6月30日まで。

『ジューシーなメロンとエディブルフラワーで届ける スイーツバイキング』

期間:2016年5月1日(日)~6月30日(木)
時間:アフタヌーン…15:30~16:45、ナイト…21:30~23:00
場所:ホテルグランヴィア京都 カフェレストラン「ル・タン」
料金:アフタヌーン…大人3,500円、小学生2,200円、3歳以上小学生未満1,500円、ナイト…大人3,200円、小学生2,000円、3歳以上小学生未満1,200円
電話:075-342-5525
URL:http://www.granvia-kyoto.co.jp

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。