森村泰昌の自画像作品集大成、大阪で
2016.4.12 17:00

現代日本を代表する美術家の一人、森村泰昌。彼の大規模な個展『森村泰昌:自画像の美術史ー「私」と「わたし」が出会うとき』が国立国際美術館(大阪市北区)で行われています。

「森村泰昌:自画 像の美術史」会場風景
「森村泰昌:自画像の美術史」会場風景画像一覧

森村の作品の特徴は、自分自身が絵画の登場人物に扮して作品の中に紛れ込むことです。ほかには、美術家、映画女優、20世紀の偉人に扮した作品もあります。「それってコスプレじゃないの?」と思う人もいるでしょう。確かにそんな一面もあるかもしれません。しかし、彼の作品には美術史への批評的な眼差しが必ず含まれています。また、他人に扮することで自分を振り返る視点、つまり「私とは何者か」を問い続けているのも特徴です。

本展は、森村が作品の登場人物や美術家に扮した「自画像シリーズ」の集大成で、代表作に新作と未発表作を加えた132点が出展されています。若き森村が参加した伝説的な展覧会「ラデカルな意志のスマイル」(1985年)の再現や、長編映像作品(約70分)も注目です。

「森村泰昌:自画 像の美術史」会場風景
「森村泰昌:自画像の美術史」会場風景画像一覧

ちなみに、サブタイトルにある「私」とは、美術家の森村や作品の一部になった森村を指し、「わたし」はプライベートの森村を指しています。世間には、表向きの自分と素の自分を使い分ける人がいますが、森村もまた芸術活動の中で2つの自分を行き来しているのです。そう考えると、彼の作品が身近に思えてきます。

最後に作家本人がおすすめする本展の鑑賞法を教えましょう。まず15分ほどでざっと展示室を1周し、続いて長編映像作品を見ます。同作では登場人物(=森村)が作品や作家について独白を行っており、作品理解にとても役立ちます。その後再び展示室に戻り、改めて1点1点の作品と向き合うのです。この方法なら美術史に詳しくない人でも、より深く作品を楽しめるでしょう。

文・写真/小吹隆文(美術ライター)

 

『森村泰昌:自画像の美術史ー「私」と「わたし」が出会うとき』

期間:2016年4月5日(火)〜6月19日(日) 
時間:10:00〜17:00(金曜〜19:00) ※入場は閉館30分前まで 月曜休 ※5/2開館
会場:国立国際美術館(大阪市北区中之島4-2-55)
料金:一般1,300円、大学生900円、高校生500円、中学生以下無料
電話:06-6447-4680(代)
※会期中に関連イベントあり。詳しくは公式サイトにて
URL:http://morimura2016.com/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。