佐渡裕がリベンジ会見、意気込み爆発
2016.4.8 15:00

「兵庫県立芸術文化センター」(西宮市)で芸術監督を務める佐渡裕によるプロデュースオペラも今年で11年目。2月の記者会見を高熱で欠席したため、改めて4月7日に演目『夏の夜の夢』にかける思いを語った。

ウィーンの名門「トーンキュンストラー管弦楽団」の音楽監督に就任したばかりとあって、2~3週間のペースで日本とヨーロッパを行き来する佐渡。「あの時だけ熱で寝込んでしまい・・・体が休みなさいという合図だったのかもしれない」と、多忙ななか、地元関西で想いを込めてプロデュースし続ける同企画。今回は、念願でもあった作曲家ベンジャミン・ブリテンによるシェイクスピア・オペラとあって思いはひとしおだ。

「繊細で音が生き生きしている響きができれば」と語った佐渡
「繊細で音が生き生きしている響きができれば」と語った佐渡画像一覧

佐渡がブリテンの曲に出合ったのは、関西二期会で副指揮者だった19歳。以来、師匠レナード・バーンスタインが最後の来日で演奏(悲劇の『ピーター・グライムズ』)するなど縁があったという。「どこかで天才ブリテンを証明したいと思っていた。ただ、こういうことがあったんです。(同シリーズのオペラで)大成功した『メリー・ウィドウ』の翌年に、『カルメン』を演奏したんです。その時のサイン会で『人が死ぬオペラっていやですわー』ってお話される方がいらしゃって。でも、オペラってほとんど死ぬんです! ここで『ピーター・グライムズ』を紹介すると、えらいことになるのではと思い、『夏の夜の夢』にしました。人間、妖精、職人といろんな世界が展開し、舞台となる森も表情を変えて、何層にも重なったような話。心理的な面白さがあり、ありがたいことにだれも死ぬことがない」と、笑いを交えて語った。

オペラ通の人にも、初めての人にも楽しんでもらえる内容を目指す佐渡
オペラ通の人にも、初めての人にも楽しんでもらえる内容を目指す佐渡画像一覧

また、オーベロン役となるカウンターテナーがダブルキャストとなったのは、想定外との裏話も披露。「彌勒忠史さんとは昔からの知り合い。カウンターテナーが必要となる作品があったら彼というのはずっと決めていた。が、藤木くんから、ぜひ聞いてほしいとお願いされ、急遽オーディションを行ったんです。すでに企画は進んでいたんですけれども、これが見事だった。こいつは天才だ、と。演技力、歌唱力、聴いているものを惹きつける能力・・・海外でも注目される歌手だと思います」と、両歌手を大絶賛した。

今回は劇場の性格を生かした企画もプロデュース。「ここではクラシック、演劇、ジャズ、落語などさまざまな演目が展開される。また、3つのホールのロビーが共有される設計となっているので『あの人いい笑顔をしているけれど何を観たのかな』と興味を持ってもらえるようにも。今回はオペラと同様に『夏の夜は不思議なことが起こる』というのをテーマに、ジャズや落語の企画も行います」。11年目だからこそ、このホールだからこその、新しい挑戦をお見逃しなく。

佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2016『夏の夜の夢』

期間:7月22日(金)・24日(日)・26日(火)・28日(木)・30日(土)・31日(日)
時間:14:00
会場:兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール(西宮市高松町2-22)
料金:A12,000円、B以下売り切れ
電話:0798-68-0255
URL:http://www.gcenter-hyogo.jp

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。