伊藤英明「山P、バッタかよ!」
2016.4.6 22:30

『週刊ヤングジャンプ』で連載中の大人気コミックを実写映画化した『テラフォーマーズ』の舞台挨拶が6日、大阪「梅田ブルク7」(大阪市北区)で行われ、主演の伊藤英明と武井咲、三池崇史監督が登場した。

ジョーク連発で会場を湧かせた俳優・伊藤英明
ジョーク連発で会場を湧かせた俳優・伊藤英明画像一覧

ある生物を駆除するミッションを受けた15人の隊員たちは、それぞれ昆虫のDNAを密かに注入されており、虫の姿に変異することで超人的なパワーを発揮。凶暴化した生物と壮絶な闘いに挑む・・・というのが、この映画の大筋で、伊藤は主人公・小町小吉を演じる。

イベント冒頭、「まいど! 今日は小栗旬も山Pも来ません。ざまあみろ(笑)」と挨拶し、会場につめかけた関西人を笑わせた伊藤。そして、「僕のDNAはスズメバチなんですけど、スズメバチらしいアクションとなると、お尻で針を刺すという感じですよね。お尻攻撃になっちゃう(笑)」とお茶目な発言で、再び会場を湧かせた。

左より、宣伝を担うテラ課長、武井咲、伊藤英明、三池崇史監督
左より、宣伝を担うテラ課長、武井咲、伊藤英明、三池崇史監督画像一覧

そして、共演した山下智久について、「山Pはいつも格好良かったです。でも、あんな男前な顔してバッタですからね。蜂なら分かるけど、『山P、バッタかよ!』って。あと、ケインさんのアクションがすごいんですよ。すごかったですよ、あの身体能力。ねえ、監督」と話すと、三池監督もすかさず「そう。それに引き替え、山田孝之は映画の8割方寝てます(笑)」とコメントし、さらに会場を盛り上げた。

「司会者の方が最初におっしゃったように、スター・ウォーズのように盛り上がって観られる映画です。劇場以外では観て欲しくない映画なので、この試写会が終わっても、友だちや家族を誘って、また観ていただけたら」と語った伊藤。映画は4月29日に公開される。

映画『テラフォーマーズ』

2016年4月29日(祝・金)公開
原作:作=貴家悠/画=橘賢一(集英社「週間ヤングジャンプ」連載)
監督:三池崇史
出演:伊藤英明、武井咲、山下智久、山田孝之、ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画
© 貴家悠・橘賢一/集英社 © 2016 映画「テラフォーマーズ」製作委員会
URL:http://wwws.warnerbros.co.jp/terraformars/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。