66年生アーティスト 豪華すぎる競演
2016.4.4 21:00

1966年丙午(ひのえうま)生まれのアーティスト、26組によるライブイベント『ROOTS66-Naughty50-(ルーツ66)』が、4月3日、大阪城ホール(大阪市中央区)で開催された。

アンコールの西城秀樹『YMCA』を全員で熱唱、YMCAコールで盛り上がったステージ 写真/井上嘉和
アンコールの西城秀樹『YMCA』を全員で熱唱、YMCAコールで盛り上がったステージ 写真/井上嘉和画像一覧

出演者のみならず、プロデューサーをはじめ、メインのスタッフも丙午というこのイベント。仙台、東京と開催され、この大阪公演がラストということで、4時間弱の大サービス。

しょっぱなからいきなりハイライトで、宮田和弥(JUN SKY WALKER(S))から始まり、大槻ケンヂ(筋肉少女帯)、増子直純(怒髪天)、田島貴男(ORIGINAL LOVE)、斉藤和義・・・、ラストはトータス松本(ウルフルズ)と、13人のボーカリストによるメドレー。しかも次の出演者の曲を歌い、紹介していくという趣向。ステージに出る順番が生まれた順だ、というのも笑える。

それぞれが代表曲を披露し、この日以外ありえない組み合わせによるカバー曲の演奏など、たたみかけるようなステージは、驚きが満載。MCトークも笑いの連続で、話は面白いがステージを仕切れない増子、浮いているようで意外と仕切る大槻、天然ぶりをかます田島らのリラックスしたやりとりが、ファンにはたまらなかっただろう。

お互いの楽曲カバーをメドレーで歌う斉藤和義と宮本浩次に会場はクギヅケ 写真/渡邉一生
お互いの楽曲カバーをメドレーで歌う斉藤和義と宮本浩次に会場はクギヅケ 写真/渡邉一生画像一覧

圧巻は、大阪公演のみ登場のエレファントカシマシ。バンド4人で登場後、代表曲を披露、そして斉藤和義が加わり、宮本浩次と共に、お互いの楽曲カバーをメドレーで歌うというコラボ。楽曲自体もすばらしく練られていて、テンションマックスの宮本と、真逆の斉藤のやりとりも大いに観客を沸かせた。

世良公則&ツイストの『銃爪』や山口百恵の『ロックンロール・ウィドウ』、沢田研二の『勝手にしやがれ』など、丙午世代が甘酸っぱい気持ちになる歌謡曲も多く演奏され、アンコールを含め全28曲。

ライブ終了後に、大阪城ホールの観客をバックにステージで記念撮影 写真/渡邉一生
ライブ終了後に、大阪城ホールの観客をバックにステージで記念撮影 写真/渡邉一生画像一覧

豪華な顔ぶれのアーティストと、フェスとも異なる新しいステージ演出は、アーティストの個性を知りつくしたFM局ならでは。10年後にまた開催が予定されているとのことだが、もっと早く! との声は会場からだけでなく、ステージ上の出演者からも上がっていた。4月17日にFM COCOLOで大阪公演の一部をオンエアする。

FM COCOLO Presents『ROOTS66-Naughty50-』

開催日時:2016年4月3日(日)
会場:大阪城ホール(大阪市中央区大阪城3-1)
URL:http://cocolo.jp/

FM COCOLO『SUPER J-HITS RADIO』
放送日時:2016年4月17日(日)19:00〜21:00 
※大阪公演の模様の一部をオンエア
URL:http://radiko.jp/#cocolo

スペースシャワーTV『ROOTS66-Naughty50-』
放送日時:2016年4月30日(土)20:30〜22:00、5月15日(日)19:30〜21:00、5月23日(月)20:30〜22:00
URL:http://sstv.jp/roots66/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。