中之島図書館に、北欧サンド専門店
2016.4.1 8:00

重要文化財にも指定される歴史的建築物「中之島図書館」(大阪市北区)。今回、2階の一部スペースが民営に委託され、北欧のオープンサンド専門店「スモーブローキッチン ナカノシマ」が4月1日にオープンする。

入り口からはカフェがあるとは思えない「中之島図書館」。右手の突き当たりまで進むとカフェが
入り口からはカフェがあるとは思えない「中之島図書館」。右手の突き当たりまで進むとカフェが画像一覧

ギリシア神殿を思わせる造りの正面玄関から入ると、まず目に入るのはドーム状の天井が印象的な中央ホール。格調ある雰囲気漂う通路を通って、たどりつくのはインテリアから北欧を思わせるカフェ空間。そんなアプローチも含めて魅力のお店だが、なにより注目されているのはメニューを考案する料理人たちだ。

スナック感覚でいただける小さめサイズのスタータースモーブロー。各540円
スナック感覚でいただける小さめサイズのスタータースモーブロー。各540円画像一覧

食材をセレクトしたのは、料理開拓人として全国の生産者さんとつながり、人気レシピを生み出す堀田裕介さん。そして、ヨーロッパで修業したシェフ・葭谷真輝さんと一緒になって、ここだけのサンドメニューを開発。また、最近、デザートレシピは「セイイチロウ ニシゾノ」(大阪市西区)の西園誠一郎さんが担当。この3人が集まっての展開とあって、注目を呼んでいるのだ。

メインのスモーブロー。サメのフライがのった「流れ星」1,620円。エビ、キャビア、キュウリ、ホワイトアスパラ、レモンスライスなどと組み合わせて
メインのスモーブロー。サメのフライがのった「流れ星」1,620円。エビ、キャビア、キュウリ、ホワイトアスパラ、レモンスライスなどと組み合わせて画像一覧

「関西のローカル食材を発信する場所にしたい。普段、流通していない食材を、メニューやイベントで提案することで、生産者と食べる人をつなげることもできれば。例えば、網にかかったものの買い手が付かずに捨てられているサメ。淡路島の漁師さん、水産加工業者さんと一緒になって、約2年がかりで「海のジビエ」として食用化を進めました。白身としていただく機会が少ないと思うのですが、サンドでおいしさを知り、広がっていくきっかけになれればうれしいです」と、堀田さん。

堀田さんのお店、パンとアトリエの「foodscape!」(大阪市福島区)で焼き上げた、専用のライ麦パンの上にさまざまな食材を展開。北欧ではおなじみのオープンサンドスタイルで、食べ物の生命力が感じられるように、盛りつけも重視。アボカドにリンゴとサワークリーム、スモークサーモンにビーツやグレープフルーツ、など新たな組み合わせの提案と共に、食材そのものの力強さを感じさせてくれる。

ウッドを基調とした空間、どの席も窓際となる心地よい空間
ウッドを基調とした空間、どの席も窓際となる心地よい空間画像一覧

スモーブローは、小さなサイズの前菜的なスターターと、食パンサイズのメインを展開。その2種のスモーブローに、サラダ、スープが付くランチは1,512円~。朝は「foodscape!」のクロワッサンのセットが702円~で楽しめる。デザートは、香りをテーマとした大人な「スモーブロー」型のケーキとパフェが揃い、気軽なカフェ利用にもおすすめ。今後は店の前に位置する敷地で、家庭菜園、ハーブガーデンで食材も育て「農」を感じられるような場所を目指していくとのこと。

「Smorrebrod Kitchen Nakanoshima(スモーブローキッチン ナカノシマ)」

2016年4月1日(金)オープン
住所:大阪市北区中之島1-2-10
時間:9:00〜21:00(20:30LO) ※不定休
電話:06-6222-8719
URL:http://smorrebrod-kitchen.com

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ