いわしパフェ、京都水族館に登場
2016.3.30 11:00

京都の四季といきもののコラボレーション展示「春を楽しむインタラクティブアート『桜といわし』」(4月1日~6月30日)が「京都水族館」(京都市下京区)で開催。それに合わせて館内のカフェでは、いわしの生姜煮をトッピングした「桜といわしのパフェ」が、4月1日から期間限定で販売される。

桜といわしのパフェ550円(ハーベストカフェ)
桜といわしのパフェ550円(ハーベストカフェ)画像一覧

これまで、カエルの卵に似たバジルの種を使った「カエルの卵風スープ」や、アユの塩焼きを丸ごとホットドッグにサンドした「アユの塩焼きドッグ」など、企画展に合わせてユニークなメニューを提供してきた「京都水族館」。今回も、バニラソフトや抹茶ソフト、あんこが入ったパフェに、泳ぎながら刺さってしまったようないわしの生姜煮が2本、と見た目もびっくりのメニューを考案。SNSではその奇想天外なビジュアルが先行公開されると、「見た目の衝撃がすごい」「なぜいわしを入れた?」「食べてみたい・・・」「京都水族館攻めてて好き」と、瞬く間に拡散され、話題に。

「スイーツでは『しょっぱい×甘い』の相性が良いので、少し醤油を濃くしたりと試行錯誤して完成しました」と広報担当者。甘辛く生姜で煮付けたいわしとバニラアイスが合わさると、甘じょっぱいスイーツに。身はホロホロとほぐれやすく、アイスと混ぜて食べるのがおすすめの食べ方だそうだ。

大水槽で行われている展示では、京都の春の風物詩・桜といわしをプロジェクションマッピングで重ねて表現。水槽内を舞い泳ぐ約1万匹のいわしの群れが飛び出してきたかのような空間に
大水槽で行われている展示では、京都の春の風物詩・桜といわしをプロジェクションマッピングで重ねて表現。水槽内を舞い泳ぐ約1万匹のいわしの群れが飛び出してきたかのような空間に画像一覧

「春を楽しむインタラクティブアート『桜といわし』」

期間:2016年4月1日(金)〜6月30日(木)
時間:10:00〜18:00
場所:京都水族館(京都市下京区観喜寺町35-1 梅小路公園内)
料金:イベントは無料、要入場料(大人2,050円、大高生1,550円、中小生1,000円、3歳以上600円
電話:075-354-3130
URL:http://www.kyoto-aquarium.com/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。