天衣無縫な絵画世界、富岡鉄斎展
2016.3.29 21:00

江戸末期から大正期までを生きた文人画家・富岡鉄斎。彼の生誕180年を記念する大規模な回顧展が、「兵庫県立美術館」(神戸市中央区)で行われています。

《富士山図》 1898年(明治31) 紙本着色、六曲一双 清荒神清澄寺 鉄斎美術館蔵(前期展示)
《富士山図》 1898年(明治31) 紙本着色、六曲一双 清荒神清澄寺 鉄斎美術館蔵(前期展示)画像一覧

鉄斎は1836年(天保7)に京都の法衣商の次男に生まれ、幼い頃から国学、漢学などの学問を幅広く修めました。19歳頃から絵画を学び始め、幕末には勤皇学者として国事に奔走。維新後は神官の公職を経て、1924年(大正13)に亡くなるまで文人画家として多くの書画を残しました。

《妙義山図・瀞八丁図》 1906年(明治39)  絹本着色、六曲一双 清荒神清澄寺 鉄斎美術館蔵(前期展示)
《妙義山図・瀞八丁図》 1906年(明治39) 絹本着色、六曲一双 清荒神清澄寺 鉄斎美術館蔵(前期展示)画像一覧

本展では、彼の初期から晩年までの作品約200点を、前後期に分けて展示しています。真景図、仙境図、人物画、神仙画、風俗画、花卉・鳥獣画など多様な作品が見られ、奔放な筆致と豊かな色彩で描かれているのが特徴です。特に屏風絵などの大作は圧巻で、富士山を遠景と近景のセットで描いた「富士山図」や、もはやファンタジーと言っても過言ではない「妙義山図・瀞八丁図」、北海道のアイヌを題材にした「旧蝦夷風俗図」は見逃せません(いずれも前期展示)。

「生誕180年記念 富岡鉄斎」会場風景
「生誕180年記念 富岡鉄斎」会場風景画像一覧

鉄斎は終生学者を以て任じ、文人画家の理想を追求しました。文人画とは学識のある人が余技として描く絵画のことです。職業画家ではなかったことが、彼の作品に自由さを与えたのではないでしょうか。一部の作品は、現代のヘタウマやグラフィックデザインとも通じるところがあり、古典や美術史の素養がなくても十分楽しめます。

また、鉄斎の作品には必ず賛(絵に書き込んだ文章)が付いています。本展では賛の大意をキャプションに記しているので、それらを読みながら作品を見れば、鉄斎の思いに近づくことができるでしょう。

※会期中に関連イベントあり。詳しくは公式サイトにて

文・写真/小吹隆文(美術ライター)

『生誕180年記念 富岡鉄斎ー近代への架け橋ー展』

前期:2016年3月12日(土)〜4月10日(日)
後期:2016年4月12日(火)〜5月8日(日)
※前後期で作品がほぼすべて入れ替わる
時間:10:00〜18:00(金・土曜は〜20:00)※入場は閉館30分前まで 月曜休
会場:兵庫県立美術館(神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1)
料金:一般1,300円、大学生900円、高校生・65歳以上650円、中学生以下無料
電話:078-262-0901(代)
URL:http://www.artm.pref.hyogo.jp/index.html

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。