池松壮亮&斎藤工、成海璃子を絶賛
2016.3.28 13:00

直木賞受賞作家・小池真理子の半自叙伝的同名小説を、成海璃子、池松壮亮、斎藤工で実写映画化した映画『無伴奏』。その舞台挨拶が27日、大阪市内で行われ、矢崎仁司監督とともに登壇した。

舞台挨拶に登場した斎藤工、池松壮亮、成海璃子、矢崎仁司監督(左より)
舞台挨拶に登場した斎藤工、池松壮亮、成海璃子、矢崎仁司監督(左より)画像一覧

舞台は1970年代前後。同級生と一緒に学生運動に参加するも、「革命」以上に刺激的な恋の魔力に囚われていく高校3年生の野間響子を演じたのは、数々の映画で主役を演じてきた成海璃子。初の官能シーンにも挑んだ成海について池松は、「素晴らしい方です。こんなにこの役が似合う人もいなかっただろうし。あの時代の溜め込んだエネルギーとか、純度の高い危うさみたいなものがすごく素敵で。女優としても魅力的だなと思ってました」とコメント。

また斉藤も、「ご覧の通り、太陽のような方なので。成海さんの世界観に、僕らだけじゃなくて、スタッフも誘われて。それがあって、こういうゴールに辿り着いたんじゃないかなというぐらい。成海さんにしかできない何かを持ってる方なので。池松さんもそうですけど、2人とも日本映画の宝。すごい輝き方をしているので、一番近い距離で一緒に化学反応を起こさせていただきました」と絶賛した。

一方、2人について成海は、「池松さんはいつも落ち着いてますね。撮影でも一緒にいる時間が長かったので、たくさん頼ってしまいました。助けてくれました」、「斉藤さんはやさしくて、本当におだやかでした。あと、じゃんけんが弱い。ごはんを食べたとき、それを片付けるじゃんけんをやってたんですけど、斉藤さん率がすごく高くて(笑)」と、チームワークの良さをうかがわせるエピソードで会場を湧かせた。映画は3月26日公開。

映画『無伴奏』

2016年3月26日(土)公開
監督:矢崎仁司
出演:成海璃子、池松壮亮、斎藤工、遠藤新菜、藤田朋子、千葉愛子、光石研、ほか
配給:アークエンタテインメント
R15+
大阪ステーションシティシネマほかで上映
© 2015「無伴奏」製作委員会
URL:http://mubanso.com

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。