阪急ラッピング列車、爽風と宝夢に
2016.3.24 12:00

昨年11月から運行している、沿線の活性化・旅客誘致を目的とした阪急電鉄のラッピング電車。わたせせいぞうのイラストや手塚治虫のキャラクターを列車側面にあしらった列車の愛称が公募により決定。それを配したデザインをヘッドマークと列車側面に施し、3月27日から運行がスタートする。

神戸線のヘッドマークデザインは、わたせせいぞうによる描き下ろし、宝塚線のヘッドマークは手塚プロダクションの監修によるもの
神戸線のヘッドマークデザインは、わたせせいぞうによる描き下ろし、宝塚線のヘッドマークは手塚プロダクションの監修によるもの画像一覧

阪急神戸線・宝塚線で1編成ずつ運行しているラッピング電車。神戸線の愛称に決まったのは、「爽風(kaze)」。わたせせいぞうが描いたイラストが、列車とともに駆け抜ける「爽やかな風」のイメージが評価されたという。また、手塚治虫が生み出したキャラクターが彩るラッピングデザインから、まさに「夢」のような列車を感じさせる点から、宝塚線は「宝夢(YUME)」に決定した。応募総数は2,243件(神戸線1,160件、宝塚線1,083件)だった。

愛称をラッピングした中間車両のイメージ、上が「爽風」、下が「宝夢」
愛称をラッピングした中間車両のイメージ、上が「爽風」、下が「宝夢」画像一覧

これに合わせ、神戸線・宝塚線のラッピング列車のデザインとなった観光スポットを巡るスタンプラリーを実施。参加賞として絵はがきを進呈されるほか、すべてのスタンプ(神戸線8スポット、宝塚線6スポット)がそろえば、「わたせせいぞう氏のサイン入りカレンダー」や車両にラッピングされている「手塚治虫氏のマンガ全巻セット」などが抽選で当たる「Wチャンス賞」も用意。応募締切は9月9日必着となっている。

「阪急電鉄」

URL:http://www.hankyu.co.jp

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。