コシノジュンコやたけし作品、小豆島
2016.3.20 6:00

3月20日開幕の『瀬戸内国際芸術祭2016』。会場のひとつ、小豆島(香川県小豆郡)では醤油蔵や千枚田、港など、島の魅力を満喫できる場所に、大阪出身のアーティストをはじめアジアの作家たちの作品を展示。会場となる島の中でも最多の作品数を誇る。

【関連記事】瀬戸芸を満喫、お得な往復きっぷ

小豆島の玄関口・土庄(とのしょう)港(香川県小豆郡)。ここに設置されている「太陽の贈り物」(チェ・ジョンファ)は島のシンボル的作品 撮影/Ayami
小豆島の玄関口・土庄(とのしょう)港(香川県小豆郡)。ここに設置されている「太陽の贈り物」(チェ・ジョンファ)は島のシンボル的作品 撮影/Ayami画像一覧

注目は、小豆島の土庄港にあるフェリーターミナルが変貌し、コシノジュンコのファッション作品などを展示する「アートノショーターミナル」。アートノショーの「ショー」は、「SHOW」のほか、醤油の「醤」、伝統継承の「承」などの意味を込めたもので、作品の一部には、醤油蔵でもろみを搾るために使う風呂敷など、小豆島ならではの素材も使用される予定だ。

水、ビー玉などの身近な素材を生かしたメディアアートを展開する芸術家集団・アトリエオモヤとコシノジュンコによる「アートノショーターミナル」。作品展示やイベントの開催など、アートを通して観光客や住民たちとの交流の場を目指す
水、ビー玉などの身近な素材を生かしたメディアアートを展開する芸術家集団・アトリエオモヤとコシノジュンコによる「アートノショーターミナル」。作品展示やイベントの開催など、アートを通して観光客や住民たちとの交流の場を目指す画像一覧

また、ビートたけしと、大阪在住アーティスト・ヤノベケンジによる「アンガー・フロム・ザ・ボトム」は、島の古井戸に潜む巨大な化け物が出現し、人々を脅かすという設定の作品。「瀬戸内国際芸術祭2013」でも展示されたが、その後地元の有志によって祠(ほこら)が建てられ、「美井戸(びいと)神社」という新たな作品として公開される。

公開に向け作業が進められる美井戸神社 撮影/Ayami
公開に向け作業が進められる美井戸神社 撮影/Ayami画像一覧

そのほか小豆島の新たな展示エリア・草壁港では、大阪を拠点に活動するクリエイティブ集団graf(グラフ)と、小豆島のレストラン・FURYU(フリュウ)がコラボし、イタリアンジェラートとバーのお店「Shodoshima Gelato Recipies Project by カタチラボ(ショウドシマ ジェラート レシピズ プロジェクト)」を展開する。

graf+FURYU「Shodoshima Gelato Recipes Project by カタチラボ」の作品イメージ。小豆島の旬の食材を生かしたジェラート
graf+FURYU「Shodoshima Gelato Recipes Project by カタチラボ」の作品イメージ。小豆島の旬の食材を生かしたジェラート画像一覧

広大な小豆島内の移動はタクシーの乗り合いや路線バスでの移動がおすすめ。島内のほぼ全域をカバーする路線バス「オリーブバス」が芸術祭の開催に合わせ運賃を大幅に値下げする予定だ。

『瀬戸内国際芸術祭2016』

期間:春 3月20日(日・祝)~4月17日(日)
   夏 7月18日(月・祝)~9月4日(日)
   秋 10月8日(土)~11月6日(日)
会場:直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、犬島、沙弥島(春)、本島(秋)、髙見島(秋)、粟島(秋)、伊吹島(秋)、高松港、宇野港周辺
料金:前売4,000円、高校生2,500円(3月19日まで発売)
   当日5,000円、高校生3,500円(3月20日〜11月6日)  
電話:087-813-0853(瀬戸内国際芸術祭実行委員会事務局)
URL:http://setouchi-artfest.jp/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ