駅と列車もアートな「瀬戸内芸術祭」
2016.3.21 6:00

3月20日開幕の『瀬戸内国際芸術祭2016』開催地の一つ、宇野港(岡山県玉野市)。直島や豊島・小豆島などへ出発するフェリー・高速船乗り場があり、海の玄関口としても知られる。この港周辺はもちろん、JR宇野みなと線沿線でもアートが鑑賞できる。

【関連記事】瀬戸芸を満喫、お得な往復きっぷ

JR岡山駅~宇野駅間を結ぶ「宇野みなと線」では4月9日から観光列車「La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ、フランス語で「旅行かばん」の意味)」が運行。白い車体に、窓をかばんのように見立てたラッピングが施されたデザインで、アートの旅を盛り上げてくれる。

観光列車「La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)」の車内には自転車を持ち込み、駐車しておくスペースがある
観光列車「La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)」の車内には自転車を持ち込み、駐車しておくスペースがある画像一覧

これに合わせ、沿線の4駅をイタリア人アーティストのエステル・ストッカーが、「JR宇野みなと線アートプロジェクト」としてまるごとアート作品に。春期は宇野駅と八浜駅、夏・秋期では備前田井駅と常山駅がアート化される予定で、駅ごとに変化する風景に注目だ。また、常山駅周辺では「田んぼアート」も期間限定で登場。4月頃には、満開のレンゲで作られる春らしいアート作品が車窓に広がる。

3月現在の「田んぼアート」の様子。芽が出るまで、あと1カ月ほど 撮影/Ayami
3月現在の「田んぼアート」の様子。芽が出るまで、あと1カ月ほど 撮影/Ayami画像一覧

宇野港周辺では新たな移動手段となるアート作品も登場。「終点の先へ」(小沢敦志)は、放置自転車を再生し、レンタサイクルとして利用できる「乗れるアート」。自転車ごとフェリーに乗って島々をめぐることもできる。利用時間は9:00~17:00、1日600円。貸し出しは宇野港インフォメーションセンターにて。

「終点の先へ」(小沢敦志)作品イメージ。1台ごとに異なるデザインで、貸し出しは10台程度からスタートし、増数していく予定
「終点の先へ」(小沢敦志)作品イメージ。1台ごとに異なるデザインで、貸し出しは10台程度からスタートし、増数していく予定画像一覧

『瀬戸内国際芸術祭2016』

期間:春 3月20日(日・祝)~4月17日(日)
   夏 7月18日(月・祝)~9月4日(日)
   秋 10月8日(土)~11月6日(日)
会場:直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、犬島、沙弥島(春)、本島(秋)、髙見島(秋)、粟島(秋)、伊吹島(秋)、高松港、宇野港周辺
料金:前売4,000円、高校生2,500円(3月19日まで発売)
   当日5,000円、高校生3,500円(3月20日〜11月6日)  
電話:087-813-0853(瀬戸内国際芸術祭実行委員会事務局)
URL:http://setouchi-artfest.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。