サバの日に、衝撃のサバスイーツ誕生
2016.3.8 21:21

「サバの日」である3月8日、サバを使った前代未聞の「サバスイーツ」が大阪市内で発表された。とろさば料理専門店「SABAR(サバー)」を運営する「鯖や」が、梅花女子大学、神戸の老舗洋菓子メーカー「神戸ベル」と共に開発した。

一番左がサバ博士の右田孝宣さん
一番左がサバ博士の右田孝宣さん画像一覧

美容に良いとされる栄養素を多く含むサバをスイーツにアレンジした、今回のプロジェクト。鯖やオーナーでありサバ博士の右田孝宣さんは「これまでサバを使った97種の料理を展開してきたが、スイーツには足を踏み入れてはいけないと思っていた。今回みなさんと開発し、プロはやっぱりプロだと実感しました」とプロジェクトに大満足の様子。開発に携わった梅花女子大学食文化学部の大野詩歩さん、石居千歩さんは「サバのスイーツと聞いたときは驚きました。サバの味を活かすため、分量調節に一番苦労しました」とコメントした。

「cava フロマージュ」は口に入れた瞬間、サバの香ばしい風味がふわっと広がって衝撃を受けるが、食べ進めるとチーズのまろやかな味わいが広がり、ちゃんと甘いスイーツに。ドーナツはプレーン、白みそ、ゆずの3種の味が展開され、日常のお惣菜としても楽しめそう
「cava フロマージュ」は口に入れた瞬間、サバの香ばしい風味がふわっと広がって衝撃を受けるが、食べ進めるとチーズのまろやかな味わいが広がり、ちゃんと甘いスイーツに画像一覧

今回誕生したスイーツは2種。魚と発酵食品の相性が良いことから、サバオイルとチーズ、ヨーグルトを混ぜ合わせた「cava(サバ)フロマージュ」、そしてサバパウダーを練り込んだヘルシーな焼ドーナツ「SOZAI!さばドーナツ」だ。どちらも魚特有の生臭さはなく、試食した人々は「からだに良さそう」と初めての味に驚いていた。これらのスイーツはSABAR各店舗で販売予定。

『地域創生 産学金連携さばプロジェクト第二弾 〜さばスイーツ誕生〜』

URL:http://sabar38.com/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。