小吹隆文撰・週末おでかけアート、3/9〜
2016.3.9 18:10

kobuki_5

「とにかく誰よりも現場を見て歩く」を信条に、美術ライター・小吹隆文が膨大なアートの海から、いま必見の展覧会をピックアップ! 今週は、巨匠と知られざる作家の回顧展、現代陶芸を紹介します。

約30年ぶりに巨匠の傑作が大集結
『生誕180年記念 富岡鉄斎展ー近代への架け橋ー展』
@兵庫県立美術館

近代文人画の巨匠、富岡鉄斎(1836〜1924)の生誕180年を記念して、大回顧展が行われます。

《富士遠望図・寒霞渓図》(右隻) 1905年 紙本着色 六曲一双 京都国立近代美術館蔵(後期展示)
《富士遠望図・寒霞渓図》(右隻) 1905年 紙本着色 六曲一双 京都国立近代美術館蔵(後期展示)画像一覧

鉄斎は京都の商家に生まれ、幼少時より国学、漢学、仏教等の学問を広く修めました。幕末には勤皇学者として国事に奔走、明治維新後は神官の公職を得て、89歳で亡くなるまで文人画家として活躍しました。その作品は、山水画、人物画、神仙画、風俗画、花卉・鳥獣画など多岐にわたり、奔放な筆致、豊かな色彩感覚、壮大なスケールで知られています。この展覧会では、鉄斎の画業を5つのセクション・約200点の作品で振り返ります。終生学者を以て任じ、文人画家としての理想を追求し続けた富岡鉄斎。彼の日本近代美術史における位置を再考する重要な展覧会です。

前期:3月12日(土)〜4月10日(日) 後期:4月12日(火)〜5月8日(日)
展覧会情報はこちら

 

今後の日本陶芸界を担う逸材たち
滋賀県立陶芸の森開設25周年記念  公募展『マイヤー × 信楽大賞 伝統と革新─日本陶芸の今─』
@滋賀県立陶芸の森  陶芸館

本展は、滋賀県とアメリカ・ミシガン州の姉妹友好都市交流を契機とした公募展です。「滋賀県立陶芸の森」と「フレデリク・マイヤーガーデンズ&スカルプチャーパーク」の日米共同企画で、テーマは新たな転換期にある日本陶芸の未来像を探ること。

大賞 織田阿奴《金銀彩八角陶筥“笹音”》2014年(平成26年) 高13.8cm×幅21.0cm×奥21.0cm
大賞 織田阿奴《金銀彩八角陶筥“笹音”》2014年(平成26年) 高13.8cm×幅21.0cm×奥21.0cm画像一覧

285点の応募から日米の審査員に選ばれた26点が展示されており、その3分の2以上を20代から40代の作家が占めます。作品は、伝統美を突き詰めたもの(大賞の織田阿奴)、装飾を哲学的な観点から捉えたもの(金賞の秋永邦洋)、釉薬や加飾性を生かして寓話的な表現をするもの(銀賞の大石早矢香)など実に様々。多用な様相を見せる作品を通して、現代陶芸の一断面を紹介、日本の陶芸の未来について考えます。

3月12日(土)〜6月12日(日)
展覧会情報はこちら

 

4つの人型から広がる無限の絵画世界
『宇佐美圭司回顧展 絵画のロゴス』
@和歌山県立近代美術館

大阪府吹田市に生まれ、12歳まで和歌山市で過ごした宇佐美圭司(1940〜2012)。彼は高校卒業と同時に上京し、独学で絵画制作を開始。1963年(昭和38)の初個展で彗星のごとくデビューしました。

宇佐美圭司《遺作・制動(ブレーキ)・大洪水》2012年 油彩、キャンバス 291.0×291.0cm
宇佐美圭司《遺作・制動(ブレーキ)・大洪水》2012年 油彩、キャンバス 291.0×291.0cm画像一覧

1965年、雑誌『LIFE』で暴動の写真を見つけた彼は、そこから4つの人型を抜き出し、以後そのモチーフを描き続けるという異例の制作活動に乗り出します。たった4つのモチーフで一生描き続けるなんて無理。誰もがそう思うでしょう。しかし宇佐美は、驚異的な画力、構想力、精神力で前人未到の画家人生を全うしてしまうのです。本展は彼の没後、関西で初めて行われる回顧展です。この尋常ならざる画家の存在を、多くの人に知ってほしいと思います。

3月1日(火)〜4月17日(日)
展覧会情報はこちら

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。