中条あやみ「R15でいいのかな?」

2016.2.27 17:18

地元での舞台挨拶に登場した中条あやみ

(写真4枚)

映画『先生を流産させる会』(2012年)で一躍注目を集めた内藤瑛亮監督の最新作『ライチ☆光クラブ』が27日に公開され、カノン役の中条あやみとゼラ役の古川雄輝が「梅田ブルク7」(大阪市北区)で舞台挨拶をおこなった。

玉座にまつられる少女一号・カノンを演じた中条は、大阪市阿倍野区出身。故郷凱旋となる舞台挨拶にやや緊張した表情だったものの、役づくりについて「(古川ら演じる)男の子たちを母性というか、女神のように包み込んで演じて欲しいと監督に言われて。包み込めていたか分からないんですけど、そういうイメージで役に向き合いました」と語った。

© 2016「ライチ☆光クラブ」製作委員会
© 2016「ライチ☆光クラブ」製作委員会

劇中では、少年たちが作り上げたロボット兵器・ライチに捕獲される中条演じるカノン。「ライチって大きいし、見た目がすごく怖いじゃないですか。寒い時期(12月)の撮影だったので、男の子たちとストーブの前で温まってたんですけど、そしたらライチもストーブの前に来て。ちょこんと座って一緒に温まってて、かわいいなぁって(笑)」と、撮影中のエピソードを披露。「男子校みたいな感じで、和気あいあいしてました」と撮影を振り返った。

また、「ホントに『R15+』(15歳以上観覧可)でいいのかな。もっと上げてもいいんじゃないかな?」と中条が心配したように、古川らによる濃厚なボーイズラブ・シーンも話題の『ライチ☆光クラブ』。2月27日から上映される。

映画『ライチ☆光クラブ』

2016年2月27日(土)公開
監督:内藤瑛亮
出演:野村周平、古川雄輝、間宮祥太朗、中条あやみ、ほか
配給:日活 R15+

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本