京都で狩野永徳 障壁画、特別公開
2016.2.29 13:10

室町時代の永禄9年(1566)に戦国大名・三好長慶の菩提寺として創建され、千利休の菩提所、三千家(表千家、裏千家、武者小路千家)の菩提所でもある「大徳寺聚光院」(京都市北区)。通常は非公開の寺院ですが、創建450年を記念して、3月1日から特別公開されます。

狩野永徳・松栄筆 本堂障壁画 (国宝)より『花鳥図』
狩野永徳・松栄筆 本堂障壁画(国宝)より『花鳥図』画像一覧

公開内容は、本堂(重文)、本堂内の狩野永徳・松栄筆本堂障壁画(国宝)、方丈庭園「百積庭」(名勝)、茶室の閑隠席と枡床席(共に重文)、千住博画伯筆 書院障壁画『滝』で、スタッフの誘導と解説を受けながら約40分かけて院内を巡ります。

方丈庭園「百積庭」(名勝・伝狩野永徳下絵、千利休作庭)
方丈庭園「百積庭」(名勝・伝狩野永徳下絵、千利休作庭)画像一覧

その見どころは、狩野永徳・松栄が手掛けた障壁画です。本作は修復のため「京都国立博物館」に寄託されていましたが、この特別公開のため46面すべてが里帰りし、修復後初公開となります。永徳がダイナミックなタッチで描いた『琴棋書画図』や『花鳥図』、柔和な作風で知られる父・松栄の『竹虎遊猿図』などの作品を、元々それらが置かれていた場所で見られるのですから、感動もひとしおです。

千住博画伯筆 書院障壁画『滝』
千住博画伯筆 書院障壁画『滝』画像一覧

また「聚光院書院」では、国際的に活躍する日本画家・千住博の大作『滝』が初公開。狩野永徳・松栄の墨絵とは対照的に、真っ青な背景と流れ落ちる滝の白で構成されており、高い精神性が感じられる作品です。室町と平成の時代を超えた絵画共演も、この特別公開の見どころと言えるでしょう。

もちろん、本堂そのものや、千利休とゆかりが深い2つの茶室である閑隠席と枡床席、狩野永徳と千利休が関与していると伝わる方丈庭園「百積庭」もたっぷり見られま す。日本文化の粋を感じたい方は、このチャンスを見逃してはいけません。

文・写真/小吹隆文(美術ライター)

『大徳寺聚光院 創建450年記念特別公開』

期間:2016年3月1日(火)〜2017年3月26日(日)※毎月27日・28日休&不定休
時間:8:45(受付開始)〜16:00(最終入場)
会場:大徳寺聚光院(京都市北区大徳寺町58)
料金:2,000円 ※小学生以下拝観不可、中学生は保護者同伴
電話:075-231-7015(京都春秋事務局/株式会社アイコム内)
※拝観は予約優先制(公式サイトの「拝観予約カレンダー」から予約を)
※時間毎に、スタッフの誘導と解説の下で拝観。1回の拝観案内の定員は15名
※拝観時間は約40分間
URL:http://kyotoshunju.com

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。