南海加太線、めでたい電車を運行

2016.2.25 21:30

「加太の鯛」をイメージしたうろこ柄であしらった車両

(写真3枚)

2014年に南海電鉄が始めた和歌山市加太の「加太さかな線プロジェクト」の一環として、初の観光列車「めでたいでんしゃ」が、4月29日から運行開始。その車両デザインが公開された。

「加太さかな線プロジェクト」とは、南海電鉄(本社:大阪市浪速区)が和歌山市にある港町の加太と海水浴場がある磯の浦と行う共同事業。新鮮な魚をはじめとした地元のグルメや美しい海岸線など、加太線沿線の魅力を発信し、これまでに地元と連携した新名物の開発や加太駅係員のオリジナル前掛け着用でのお出迎えなどを実施してきた。

さかなが泳ぐ車内をイメージした内装
さかなが泳ぐ車内をイメージした内装

今回の車両は、加太を代表する海の幸「鯛」がモチーフに。外装にはうろこ柄を採用し、内装はさかな形のつり革やイラストが配され、魚が車内を泳ぐイメージだ。和歌山市駅から加太駅の間を2両1編成で運行。各車両には1つずつハート型のつり革があり、外装や座席シートにもハートうろこのイラストが隠されている。

「めでたいでんしゃ」

2016年4月29日(祝・金)運行開始

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本