仏より関西初出店、ピザ型デザートも
2016.2.19 19:59

バレンタインではチョコレートも大人気、フランス・リヨンのパティシエ、セバスチャン・ブイエの関西初ショップが阪神梅田本店(大阪市北区)に3月15日にオープン。「Simple et bon(シンプルでおいしい)」をテーマに国内初のコンセプトショップとして、初登場のスイーツに注目が集まりそうです。

季節のフルーツとコンフィチュール、マスカルポーネ、ミントなどをブリオッシュ生地で焼き上げたピザ・ブリオッシュ
季節のフルーツとコンフィチュール、マスカルポーネ、ミントなどをブリオッシュ生地で焼き上げたピザ・ブリオッシュ画像一覧

ルレ・デセール(世界で最も有名な菓子職人で構成される国際協会)に当時史上最年少で会員に加わり、数々のコンクールでグランプリに輝くセバスチャン・ブイエ。フランスのリヨンではテーマを変えて6店舗展開し、大阪店では「どこか懐かしさを感じる、親しみやすいおやつを作りたい」とのこと。例えば、ピザのテイクアウト用ボックスそっくりなパッケージに入れてくれるピザ・ブリオッシュ。見た目のインパクト、シェアもしやすく、手土産として重宝しそうなスイーツだ。こちらはオープン記念として、見た目がお好み焼きバージョンも登場予定。

タルト生地にフィナンシェ、マドレーヌなどを重ねたタルトレット。旬のフルーツ、ナッツ、ジャム、ショコラをトッピング。全12種登場予定、各292円〜
タルト生地にフィナンシェ、マドレーヌなどを重ねたタルトレット。旬のフルーツ、ナッツ、ジャム、ショコラをトッピング。全12種登場予定、各292円〜画像一覧

また見逃せないのは彼のスペシャリテ、マカリヨン。キャラメル風味のマカロンに、塩を効かせたキャラメルクリームをサンドし、薄いビターチョコレートでコーティングした人気アイテムだ。ほかにも季節のケーキ、穀物を使ったシリアルサンド、手土産にぴったりなサイズのマカロン・ラスク、ギモーヴ(マシュマロ)、ポップコーンサブレなども展開する。

取材・文/浅野はるか

「セバスチャン・ブイエ」

2016年3月15日(火)オープン
住所:阪神梅田本店(大阪市北区梅田1-13-13  B1)
時間:10:00~20:00 ※不定休
電話:06-6345-1201
URL:https://www.hanshin-dept.jp

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ