にんげんで作る雛飾り、滋賀で

2016.2.12 16:24

にんげん雛絵巻

(写真2枚)

「桃の節句」(3月3日)を前に、学生らがひな人形の衣装を着た3段飾り『にんげん雛(にんげん雛絵巻まつり)』が、滋賀県東近江市の「五個荘近江商人屋敷 外村繁邸」で公開される。

東近江市では3月21日まで『五個荘 ひな人形めぐり』として、地元で代々伝わる江戸時代の御殿雛や地元人形師の創作雛など約90組の雛人形を市内7カ所で展示。その一貫として毎年人気の「にんげん雛」は、市をPRする観光大使の東近江市レインボー大使が内裏雛役を、学生など一般応募から選出した8人が、三人官女や五人囃子の役に扮装し、甘酒などで来館者をふるまう。また天候が良ければ、お雛さまとお内裏さまが人力車で町並みを散策(13:30~)するという。開催期間は2月13日・14日の2日間。

『にんげん雛(にんげん雛絵巻まつり)』

日程:2016年2月13日(土)・14日(日)
時間:10:00〜/14:00〜
会場:五個荘近江商人屋敷 外村繁邸(東近江市五個荘金堂町631)
料金:3館共通=大人600円、小中300円、ほか
電話:0748-48-2100(東近江市観光協会)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本